なぜ麹町中の試験は何度も受け直せるのか~一斉テストで序列化する必要はない

試験制度による暗記脳を推進してきた学校も、子供たちの潜在思念を開放する方向へ変化しつつある。President Onlineより引用です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・■興味・関心・学ぶペースは子どもによって違う教育について考える時、次のことをおさえ…

中学受験「多様化」の実態とワケ…英検準1級並み、プログラミング、AIについてプレゼン

社会で求められる能力をもった子供を増やすために、入試で入社試験のような課題が増えている。以下(リンク)引用--------------------------■まるで入社試験のような新タイプ入試が続々登場もうひとつのトレンドが、これまでにない形態の入試を実施する学校…

すぐに業界標準に? アップル、グーグル、ネットフリックスは入社に大卒資格を求めていない

学歴神話の崩壊は、日本以外でも急速に起こっているようです。表題の企業は、海外企業としてトップを走っている企業。そこが大卒は必要条件ではないということをオープンにすれば、その潮流は一気に全世界へと広まっていくでしょう。以下リンクより学生は大…

経団連、通年採用へ大学と合意。一方で政府がルールを主導する危うさも

●経団連が通年採用へ移行していくことを大学側と合意しました。春の一括採用に偏重してきた慣行を見直すということです。 >今は就活の時期を決める「就活ルール」を経団連がつくっており、大学3年生の3月に説明会を解禁し、4年生の6月に面接を解禁している…

電磁波漬けの学校

デジタル教科書は児童虐待?(1)マスコミにも見殺しにされている子供たちリンクから引用させていただきます。----------------------------------デジタル教科書がいよいよこの4月から導入可能となり、新聞やテレビではこの近未来的なデバイスと教育シス…

学校教育がダメな理由と、「学校には価値がある」という主張が無意味なわけ

リンク学校教育がダメダメな理由私はツイッターやブログで、学校教育についてよく批判をしているのですが、これも「学校は学びの場としてあまりに生産性が低い」と考えているからです。興味深いのは、この意見に反論してくる人の大半が、「とはいえ今でも学…

日本が沈む。教員の子すら教師になりたがらない、教育現場の惨状

日本の教育改革は、なぜ失敗するのか? いろいろな理由がありますが、一番大きいのは教員の仕事があまりにも多忙で、超過重労働によってブラック化しているからです。2017年度に、精神疾患になって休職した教員は5,077人にも上ります。 給料も下がり続けてい…

「学び合い」による潜在思念の開放~スペンサー・ケーガンと協同学習~

学び合い(協同学習)は、従来の学校教育で封鎖された脳(暗記脳・公式脳)を解除し、抑圧されてきた子供たちの潜在思念を開放する効果が確かめられています。以下、こころの探検 リンクより引用させて頂きます。協同学習は、従来の学びに比べて効果的である…

学校校則『明確な基準はない。見た目で判断』と断言。

日々問題となる学校の校則問題に関して、年々保護者や生徒からの疑問の声が増加している。先生自身も判断軸を見失い、『明確な基準はない』と断言した。何のための制度なのか、基準なのか、意味も分からず生徒を縛りつける行為が今の学校教育では当たり前と…

子供は気づいている学校規則への不整合感、大人たち(教師・先生)はいつ気づくの?

学校制度の原型・起源は戦時中の軍隊にありました。つまりは国が兵を一人一人管理する手間を省き全体として足並みそろえて管理できるための制度である。小学校においてはその名残か、今でもおかしなルールが沢山残っています。Twitter上でも頻繁に話題にあが…

日本電産永守氏が語る「今の大学教育」への失望~その①

東洋経済(オンライン)の記事リンクから転載します。=========「期待する人材が出てこない」京都先端科学大学は4月1日に名称を京都学園大学から変更した。2018年3月に永守氏が大学を運営する学校法人京都学園(現・永守学園)の理事長に就任。100…

日本電産永守氏が語る「今の大学教育」への失望~その③

345126の続き(最終)です。=========京都先端科学大学が大胆に改革をできるのは私立大学だからでもある。「国立大学とは違い、運営元の学校法人の了承さえあれば割と容易にできる」(前田氏)。自由にカリキュラムの変更や教員の採用ができない国…

学校という小さな社会構造について

追求型教育の普及には、数々の要素が必要になる。最も重要なのは、仲間と認めることが出来、また信頼できる集団と共に意見を交わして追及出来る環境である。学校という閉鎖された空間の中では、ヒエラルキーが存在している。他人に優劣をつけることを子供た…

教育が伝えるべき価値・教育の本質的な目標とは

「教育において伝えられるべき価値は何か」という最初の問題に話を戻すと、それはまさに「今自分が学習している内容や、学習している という行為それ自体が確かに貴いものだという 手ごたえ」であるべきだと思う。 言葉を換えれ ば、「本当に素晴らしい真理…

教育改革の歴史~グループ学習など日本の授業改革の歴史はどうであったか

>大正新教育運動は、子どもの主体性などの思想を教育実践に組み込もうとしたものであった。(344987)グループ学習もなんと大正時代には行なわれていたようだ。しかし一方で、海外から取り入れた効率重視の一斉授業は相も変わらず今日まで続いている。革新的…

学びというものは、自分の知らない自分への冒険の旅である。「学習するコミュニティに夢を見て」

リンク「学習」には2種類ある僕は学習にはそもそも二つの種類があるのだと思っていて、「学ぶ」と「勉強する」をここではあえて使い分けていきたいと思います。先に区分けを明確にするために、この2つの言葉の勝手な定義からしてみると、学ぶこと = 自分が…

日本電産永守氏が語る「今の大学教育」への失望~その②

345125の続きです。=========永守氏の指摘を歓迎する声も一方で、実業界からは永守氏の指摘を「よくぞ言ってくれた」と歓迎する声もあがる。京都の大手電子部品メーカー役員は「電子機器の技術発展は著しいのに、日本の大学のカリキュラムはその発…

オーストラリアの学校は教科書を使わない?日本の学校との違い

オーストラリアの学校は教科書を使わない!リンクオーストラリアの学校では教科書を使わない!先生が用意したプリントに、生徒が自分の言葉で書き込んでいきます。オーストラリアの学校が日本と違う点。最も大きな違いは、オーストラリアの学校では「教科書…

いじめ問題対応まずは「学校に行かない自由」の確認

植草一秀の『知られざる真実』(リンク)より引用します。*******************************4月の新年度を迎えて学校でのいじめ問題への対応が改めて検討されている。いじめ問題を考える際に重要な点が二つある。第一は保護…

学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」第一期卒業生の進学実績。

これまでの学校のイメージを覆し、脱学校、実践型の通信制学校として、これまでるいネットでも度々取り上げられている、学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」333706、333707、333708、339435、344998。今年3月に卒業した第一期生の進学実績が注目を集めていま…

皆で同じことを同じペースで行う学校教育

現代の学校教育は、生徒が同じ教室で皆同じ内容を同じペースで行っています。個人のペース、理解力、発信は許さず強制的にペースを合わせることが本当に正しい教育なのか疑問に感じる部分があります。 以下引用 公教育が始まって、約150年。学校教育はこれま…

自殺予防には転校など厳しい状況から「一度逃げてみること」が有効 若者の意識調査からみる自殺対策

常に小中高校生の間で問題になる「いじめ」。 そんな中で彼らに残された、もしくわ選択できる道はないのか。 いかの記事から今後彼らがどうしていくべきか。仮の話ですが、可能性ではないかと感じます。 --------------------------------------------------…

激化する校則に、高校生たちが喝を入れる

「「すごい矛盾してると思う…」現役高校生が、思わず先生に意見したこととは」(リンク)(前略)■生徒・先生ともに『髪型校則』に疑問パンテーンでは、全国の現役中高生・卒業生・先生の男女合計1000人を対象に、『髪型校則へのホンネ調査』を実施。す…

教育改革の歴史~大正自由主義教育と綴方教育

学校教育とは明治より一貫して「教師が一方的に教え込む」スタイルだと思っていたが、大正時代には明治の教育への批判から大正新教育運動なるものが起こっていたようだ。「教育問題の解決方法を考える」さん(リンクより紹介する。◆大正新教育運動大正デモク…

60年以上"通知表がない"公立小の仕掛け

リンク■「総合的な学習」の形骸化今後、“国”は「探究」をカリキュラムの中核にしていく方向性をはっきりと打ち出しているように見えます。出来合いの答えばかり勉強するのではなく、自分(たち)なりの問いを立て、自分(たち)なりの仕方で、自分(たち)な…

ほんとうに必要な決まり事なのかを考えていった結果、校則は「いらない」となった

校則はやはり、意味を考えると不要。むしろ、決まりが無いと何も判断しようとしない若者が増え、結果的に社会に出ても適応できずにすぐ会社を止める若者も増加。公務員志向が増えるのも、決められた枠の中でしか生きられない者が増えた結果だろう。志を失っ…

N高が有給インターンシップ開始、エンジニアからアイドルまで幅広い夢受け止める

リンクより引用学校法人・角川ドワンゴ学園が運営する、ネットを使った通信制高校「N高等学校(N高)」が2019年4月に4004名の新入生を迎えた。在籍生徒数9727人は、日本最大の通信制高校・クラーク記念国際高等学校の約1万1000人に迫る勢いだ。いったい何が若…

ダメと言われない“変な学校”

東京都内に校則のない公立中学校があります。その学校に入学してくる子供たちは、ダメと言われない“変な学校”に慣れるのに1年くらい時間がかかり、馴染んでくるといろんなことにチャレンジするようになってくるようです。ダメと言われることが前提だと、子…

中学生起業が一般化された世界をータブーに挑む、ある連続起業家のまなざし

以下引用(リンク)―――――――――――――――――――――――――――――――――□15歳で起業。日本の学校教育には、お金を学ぶ場が無かった僕は15歳の頃に起業しました。当時、インターネットが普及しはじめた頃で、“起業”の選択肢をとる人間はごくわずか。それにもかかわらず、僕が起…

日本の学校で小1プロブレムが起こるワケ

「小1プロブレム」と呼ばれる問題がある。小学校に入学したばかりの1年生が、黙って座って授業を受けられない現象を指す。なぜそうした「問題」が起きるのか。熊本大学教育学部の苫野一徳准教授は「家庭のしつけの問題とするような指摘は間違っている。これ…