「体罰で子供しつける」が許されない納得の理由

あらゆる教育の場面において「体罰」というものは許されることではない。だが、体罰がいけないという明確な理由が語られることはあまりない。暴力を他者にふるうことが許されないということは勿論だが、それ以外にも体罰にはマイナスの要因を多数孕んでいる…

生きる力を育てる~親の認識転換が不可欠~

四年制大学を卒業した学生のうち3年以内に退職する若者の理由のうち「自分のやりたい仕事と違った」という回答が上位に入る。なぜそうなるのか?「やりたい仕事」「向いている仕事」に就くために子供の職業意識をを転換するにはどうすればいいのか?リンク:…

「新卒採用、やめます」企業も出現。変わる就活と増える中途採用

ビジネスインサイダーからの引用リンク〉経団連が2021年卒から、情報解禁や採用選考で足並みをそろえてきた「就活ルール」を廃止するなど、新卒一括採用にこだわってきた日本企業の採用にも、地殻変動が起きつつある。「新卒採用、やめます」と宣言する会社も出…

高卒採用がトレンドに。その上での注意点多数

高卒採用がトレンドになってきている。そのまま高卒採用が主流になってくる。引用リンク----------------------------------------平成30年3月、文部科学省より発表された「高等学校卒業者の就職状況に関する調査について」によれば、高校卒業者約10,615万人…

単語を覚えるだけじゃダメ。語彙力を鍛える方法を言語学者に聞いてきた

やはり、記憶というものは存在しない。リンクTwitterで「○○おもしろかった(語彙力)」というような自虐ネタ風の投稿を見かけることからもわかる通り、語彙力を身につけたいと思っている人は多いよう。「自分に語彙力があるのだろうか?」と気になった筆者は…

仕事をテストと勘違い!「100点病」という病

高学歴が陥りがちな点は100点病。高学歴なのに職場で使えないと言われがちな理由も、学校脳、点数主義だから。以下リンクより引用。------------------------------------------------------------------●私のしくじり:仕事をテストと勘違い!「100点病」と…

割合の計算ができない人が増加

今日、単純な割合の計算やパーセンテージが理解できない大学生が増加してきているようです。その原因としては、学校のマークシート形式のテスト形式や暗記脳的な教え方が原因だとも考えられます。 以下引用 「%」が理解できない大学生たちところが、この「…

現代版“てらこや”で地域ぐるみの教育

現代版“てらこや”で地域ぐるみの教育を。私も小さい頃はお寺で習字や絵画、座禅を組みに、定期的にお寺へ遊びに行った思い出があります。世代は様々で年齢には関係なく同じ様に同じ事を教わったと記憶しています。今でもその様な活動は行われているのかと調…

『第0新卒』の魅力とは?「大卒、非大卒に能力の差はない」中卒・高卒採用が新しい就活市場をつくる

HR noteより引用リンク〉近年、新卒採用市場は売り手市場になっており、苦戦を強いられている採用担当の方も多いのではないでしょうか。そんな中、「大卒資格」を持っていない「非大卒生」にも注目して採用を展開している企業が増えてきています。そこで今回…

中学卒業後に選択できる企業内高校とは

中学卒業後すぐに働きながら通えるものに企業内学校がある。すぐ社会に出たい子どもには勧めたい。以下(リンク)引用------------------------●トヨタ工業学園(愛知県)トヨタ工業学園は、トヨタ自動車株式会社が運営する全寮制の企業内高等学校です。高校…

入社5年目調査で判明! 大卒より評価が高い“高卒人材”

リンク出身大学が一流企業の採用に大きな影響を与えるのは今も昔も変わりない。偏差値の高い学生は入社後、本当に活躍しているのか。入社後の昇進・昇格、働く意欲をを調べた会社があるという。入社5年目調査で判明した驚きの事実とは……。■偏差値の高い学生…

コンセプトは在学中に全員起業にチャレンジ!「電子学園i専門職大学」開学に込める、日本の未来を背負う起業家育成

2020年、墨田区文花地区に世界にない画期的なコンセプトの大学が誕生する。学校法人電子学園i専門職大学は、ICTを生かして、新たな事業を創り出す起業家を育成する、世界初の大学。(リンク)「在学中に全員起業」 i専門職大学は超実践主義(リンク)◆i専門…

これから日本では業界ごと消滅するような大変化が起きる

少子高齢化問題が明らかになった時点で、考えるまでも無く社会経済活動は縮小の方向に入った。それに対して何も考えられない政府・官僚及び日本を牛耳る業界は、これまで明確な対策を打ち出してこなかった。改めてこの事実を突きつけるコラムです。****…

内田樹氏の学校不要論~「成績をつけない」教育のすすめ

内田樹氏は書物や講演で度々現在の教育の問題を打ち出します。いくつか視点が出ますが、学校の問題を以下のように打ち出しています。2019年5月31日「英語教育について」の講演からの紹介です。下記は英語教育の部分ではない論説ですが、生徒を勉強という道具…

今の学校はやっぱりいらない

リンク より引用しています。*************************学校は入らないほうがいい。最近どんどん、この想いが強くなっています。今日は、それに拍車をかける情報に出会ったのでご紹介。■独学で東大院入学、現東大院教授掲載の通り…

教育における「自由」とは?

権力や立場などの価値を求めるのではなく、あらゆる思い込みから脱して追求し続けることが本当の自由だという教育は今後ますます広まる可能性を感じます。リンクより引用モンテッソーリとシュタイナーから学ぶ、教育における「自由」とは?「自由」とは、「…

学校任せだと子供の才能が潰れる根本理由(1/3)

yahooニュース リンク より、以下転載-------------------------------学校任せだと子供の才能が潰れる根本理由人の知能はIQのような単一のものではなく8つある。ハーバード大学の心理学者が書いた人が持つ「8つの知能」に関…

学校任せだと子供の才能が潰れる根本理由(2/3)

yahooニュース リンク より、以下転載-------------------------------■アメリカやオランダではMI理論を教育現場で活用 アメリカでは、1980年代にガードナー博士がMI理論を発表した直後から、個性化教育の実践の柱として学校…

学校任せだと子供の才能が潰れる根本理由(3/3)

yahooニュース リンク より、以下転載-------------------------------■暗記科目は音楽的に覚えると記憶定着しやすい子 <音楽的知能が高い子>に向いた学習法 リズム感や音感がよく、音程やハーモニーを理解し、演奏したり…

学校の未来を具体的に思考する

反転授業で有名な「Link and Create」 代表の福島 毅氏が、未来の学校のイメージを5年ほど前にwebにアップしています。「教育のとびら」からの抜粋です リンク-----------------------------------------------------未来の学校(2050年ベース)を提案して…

子どもは「なんで?」って言ってくる?「質問しない子どもは要注意」なワケとは

子供が「なぜ」「なんで」を考えるのをやめてしまう。子供大人の線引きなどいらない。一緒に追求が子供の成長につながる以下(リンク■子どもはみんなイノベーターということで話はガラッと変わりますが、皆さんのお子さんは「質問」をしますでしょうか?ハー…

学校任せだと子供の才能が潰れる根本理由

人の知能はIQのような単一のものではなく8つある。ハーバード大学の心理学者が書いた人が持つ「8つの知能」に関する著書を翻訳し、日本に紹介した関西大学教授の松村暢隆さんは、「日本の学校教育の現場では、子供の個性に合わない学習方法を強いられている…

大人にこそ必要。「学校時代の冷たい成績第一社会にでて成果第一」では仕事にならない。

成績第一の学校教育は子供の活力をトコトン衰弱させています。答えのない問題に立ち向かっていける力を身に付ける「あたたかい学力」を提唱されている直永亮明さんのブログを紹介します。リンク2019年06月06日 | 日記「成績第一→成果に対する脅迫観念」の認…

日本のキャリア教育が突きつける、18年間の“思考停止” 学歴が無効化する時代の優秀さとは

現代の日本の大学は、無価値な記憶能力が身につくだけで「思考停止」に陥る場である。すべてが受験最優先のもとに収束し、現実に対応できない無能で不適合な人材を輩出する機関であるのだと認識できる。---------------------日本のキ…

実力重視!?学歴不問を打ち出す企業が存在する理由

新卒採用にあたって、学歴を重視する企業、学歴不問を打出す企業、現在は混在している。それぞれの意見はどうなっているのか。以下、ハタラクティブリンクより引用----------------------------------------------------------------学歴不問とは、高卒や大…

学校の「宿題が苦痛」な子が日々を乗り切るコツ

いまだ学校では、多くの宿題が出されている。なかには、「修行」という言葉でくくられている学校もあるそうだ。それに伴い、子どもたちの意欲もどんどん下がり続けている。本来学びたいことがあるのに、宿題がその時間の妨げになることも少なくない。どう効…

もはや学校は終っている⇒子供たち自身の手で学校に代わる教育の場づくりを!

もはや学校は終っている学校に行くだけで子どもたちの意欲や活力が潰されてしまう学校に行かない選択が当たり前の潮流は目の前に迫っている学校改革、教育革命は待ったなし実現塾に参加する子どもたちの最大の関心事は、学校に代わる選択である。学校が終わ…

「とりあえず大卒」の要求をする企業は若者をムダに苦しめる

Books&Apps( リンク )より引用***~前略~■どのツラ下げて「大卒」を要求するのですか「とりあえず大学進学」という目的意識のない学生は批判されがちだが、「とりあえず大卒」の要求をする企業も企業だ。高卒と大卒の待遇に差をつけ、新卒一括採用で「…

名ばかりの「大学無償化法」、ニセ看板では問題など解決せぬ理由

5月10日に成立した「大学無償化法」ですが、低所得世帯のみに絞られたその対象範囲の狭さに、各所から批判や疑問の声が上がっています。今回のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』では元全国紙社会部記者の新 恭さんが、同法案の「名ばかり」ぶりを指摘…

「日本の学校教育をよくする方法がありますか」

学校教育は袋小路に嵌まり込んでいる。現代は、そのことに多くの人達がもう気付いている時代と見られます。しかしどうすべきかについてはまだ答えを見出せずに悶々としている状況ではないでしょうか。その答えを述べている方がおられましたので紹介します。…