2017-04-22から1日間の記事一覧

学校教育の終わり 1/4

リンクより ・・・・・・・・・・ -略- 日本の近代学校教育システムは「国民形成」という国家的プロジェクトの要請に応えるかたちで制度設計された。つまり、学校の社会的責務は「国家須要の人材を育成すること」、「国民国家を担うことのできる成熟した市…

学校教育の終わり 2/4

リンクより ・・・・・・・・・・ 「公教育」という理念を考え出したのは啓蒙主義の時代のフランス人だが、行政制度として実現してみせたのはアメリカ人の方が早かった。だが、そのときも公教育の導入には強い抵抗があった。というのは、アメリカ社会は伝統…

学校教育の終わり 3/4

リンクより ・・・・・・・・・・ 繰り返し言うが、学校教育は国民国家内部的な「再生産装置」であり、ほんらい自己利益の増大のために利用するものではないからである。 残念ながら今の日本の支配層の過半はすでにグローバリストであり、彼らは「次世代の日…

学校教育の終わり 4/4

リンクより ・・・・・・・・・・ 結論を述べる。 日本の学校教育制度は末期的な段階に達しており、小手先の「改革」でどうにかなるようなものではない。そこまで壊れている。 唯一の救いは、同じ傾向は世界中で見られるということである。 学校教育が国民国…