2018-02-02から1日間の記事一覧

過疎地発、教育イノベーション① ~島全体を「学校」に

以下、リンクより引用 隠岐諸島・海士町にある県立隠岐島前高校。岩本悠氏は新たな「学びの場」を創出し、町の活性化に貢献。現在、教育改革の動きは県全域に広がっている。 ―東京出身の岩本さんが、海士町(あまちょう)の教育改革に携わるきっかけは何だっ…

過疎地発、教育イノベーション② ~自分から中に入って、共に変わっていく

続いて、以下、リンクより引用 ■自分が中に入り、共に変わる ―前例のない施策に挑戦するにあたり、抵抗もあったと思います。特に「よそ者」としてのやりづらさもあったと思いますが、どのように乗り越えたのですか。 岩本 やはり最初は大変でした。地域にも…

アクティブラーニングの可能性

アクティブラーニングで自己肯定感を上げる 授業でアクティブラーニングを取り入れている、京都産業大学のプログラムがあった。リンク この授業を通して考えられることは、学校の受動的な学びでは、社会人としての能力は身につくことはないということがある…

米国名門大学は、なぜ「寮生活」を薦めるのか?

リンク より転載です。 米国名門大学は、なぜ「寮生活」を薦めるのか? Posted on 2016-07-01 by Jane Chung -------------------------------- 『Times』が発行する高等教育情報誌『Times Higher Education』でのレポートをはじめとする大学ランキングで、…