2018-05-07から1日間の記事一覧

学校で得られる事・それによる評価の違和感

学校とはいわば同世代を集めた集団環境であり、その集団環境に一斉に教育を促していく場。それに対して子供達はその教育を一緒に勉強していくことで、同じような知識を蓄えていく場。そして学校では答えが用意されている。その答えにあわせて子供たちは知識…

日本の英語教育の問題点

学校では、様々な暗記脳的思考の教育が行われていますが、特に英語教育は、昔から変わらず実践とは大きくかけ離れた教育方針が行われています。 以下引用 まず、日本の英語教育の問題点ですが、恐らく10年前の英語教育と現在の英語教育が極端に変わっていな…

「子供を学校に合わせる」という思考をまず捨てること

政府の学校教育(義務教育)というのは、子供たちが教育を平等に受ける権利を社会的身分や経済的理由などで喪失させないための1つの選択です。義務教育という言葉から政府の学校への通学義務と誤解され、学校に合わせなければならないという考え方は誤った…

子供にあるのは「教育を受ける権利」である

子供にあるのは学ぶ権利であって、誰かから教育を強制され学校に通学する義務などありません。以下、(リンク)より転載。********************************日本の憲法で明言されているのは子供が教育を受ける権利であって…

閉鎖された空間に人間を密集させると、人は人をいじめるようになる

リンクより引用***いじめが何で起きるのか、考えた事があるだろか。実はいじめがおきる理由は『既に専門家によって解明されている』。もったいぶらずに答えを言ってしまうと「閉鎖された空間に人間を密集させると、人は人をいじめるようになる」のである…