2018-05-19から1日間の記事一覧

子どもの学力と体力の深い関係

(リンク)よりスウェーデンのブンケフロという町に、研究のため時間割に毎日体育の時間が組み込まれたある小学校のクラスがあります。このクラスと、通常どおり体育を週2回こなすクラスを比較した結果、体育の授業回数以外の条件(居住区や授業内容など)は…

学校のありかた~閉鎖的空間から連続した複合空間への変革が求められている~①

(リンク学校は、社会へ出るための準備をする場である。つまり、社会人としての教養や道徳を身につける場である。 現在の学校空間は、生活の場とも、仕事の場とも切り離された極めて特殊・特異な空間である。社会空間は、例えば、生活空間と仕事の空間が表裏…

学校のありかた~閉鎖的空間から連続した複合空間への変革が求められている~②

学校のありかた~閉鎖的空間から連続した複合空間への変革が求められている~①のつづきより 社会には、いろいろな形態の学校が混在することが好ましい。飛び級や編入のような制度は、必要であるが、それよりも、制度そのもの、学校そのものを多様化すべきな…

公立学校はサラリーマン養成所

「社会に出たら厳しいことばかり、だから今のうちから厳しいことに慣れて頑張りましょう」。という一見優しげな強制文句。子供の主体性、伸び伸びとした探求心は、まわりの大人の何気ない(固定観念から発せられる)一言から、潰されていきます。小学校の生…

「脱ゆとり」で重くなるランドセル 児童体重の半分に それでも「置き勉」禁止のなぜ

重い教科書類を毎日持って行ったり帰ったり、これって何かの訓練?って思うようなことを、やっている学校ってなんか変じゃないでしょうか。以下、(リンク)より転載。******************************** 子どもたちが背負っ…

英語を仕事で使う人の数は減少傾向という現実、むしろ必要な力とは

リンク2020年東京オリンピックでの「おもてなし」に向けて、“英語ファースト”の時代が訪れている。「いまの時代、英会話ぐらいできないと」、「英語は早いうちから学んだ方がいい」と言われるが、『その「英語」が子どもをダメにする』(青春出版社)の著者…