2018-09-07から1日間の記事一覧

地域や企業が教育現場に入る未来

●30年後の教育を考えると、「先生1人 vs 児童40人」の関係が崩れ、そもそも「学校」そのものがなくなっているかもしれない。その前段として「学校×地域」又は「学校×企業」という形が浸透していくのではないだろうか。つまり、地域や企業が教育現場に入って…

企業系列学校の調査。現状→近未来に向けて

かつての日本の高等教育は、企業系列の学校法人が多かった。そこでは系列企業で働くのに必要な知識を習得→卒業後は系列企業の従業員として活躍できる人材の育成を目的としていた。しかし今後は、以前とは異なる目的で企業が学校を経営するパターンが増えるだ…

学校では教えてくれない「幸せ」と「健康」

30年後の未来はどうなっているのか教育革命に照準を当てて考える。そもそも教育とは何か教育の目的は1.人格の完成をめざす2.平和的な国家及び社会の形成者として、(以下の徳目を有する)心身ともに健康な国民の育成を期すること。 2の健康な国民の育成を…

「このことはご家庭で指導してください。」その指導は必要なのか。

「このことはご家庭で指導してください。」学校側から言い渡されることは往々にしてある。多くは性格・行動面で周囲から外れた行動をする生徒を持て余しての発言である場合だが、そもそもそういった言動や行動を矯正する必要があるのだろうか。今回の参考文献…

<赤ん坊は天才>。わが子を「天才」に育てたいと思えば、今の学校制度からは離れること。

先日、某政令指定都市の重鎮にお会いしたとき、彼が発した「日本では天才が育たない」という言葉について考えさせられました。その会話の中で意味合いは違いますが、類塾の「天才教室」(リンク)に彼は大いに興味を示した。彼も感じているように、今の日本…