学び、遊びの場は「異年齢混合」が不可欠 ~ 人類史の99%で、子どもたちは異年齢混合の場で意欲を高め能力を獲得してきた

異年齢が混合する学び、遊びの場は、小さな子どもたちには、自分だけでは難しすぎる活動に取り組む意欲を高め、より高い能力を獲得していくことを促す。一方、年長の子どもたちにとっても、リーダーシップの訓練になるだけではなく、自分だけでするときより…

お母さんは勉強を教えない方がいい

こんばんは☆小学1年生の息子が、登校日という形で学校に行き始めました。どうだった?と聞くと、「つまらんかった~。ぼ~っと椅子に座ってなあかんねんでー」と。遊びしかしてこなかった子どもにとっては、じっと机に座って話を聞くなんて、「なんで~?」…

「遊びの時間が足りない子」の結構残念な行く末~子どもでいられる時間の重要な意味と意義~

以下(リンク)引用----------------------●ノーベル賞受賞者ががらくた置き場でしていたこと子どもの感情を整えるのに役立つ重要な外部の要因として、人生にどのくらいの「スペース(余地)」を作ってやるか、がある。子どもには、宿題やさまざまな活動で分…

アフターコロナの学びの在り方はどう変わるのか?

2020年2月27日 新型コロナウイルスの影響に伴い、安倍総理は全国の小中学校、高校に対して3月2日から春休みまでの一斉休校を要請した。一斉休校によって家庭などで過ごす子供たちの学習を支援しようと、民間の教育事業者が、インターネット上で学べるオンラ…

答えを聞きたがる子、自分で探す子はどこで分かれるか。受験対策の狭間で揺れる、日本の学校教育

リンクより引用です。・・・・・・・・・・答えを聞きたがるか、自分で見つけようとするか「解答を一切出さないとおっしゃいましたが、解答を欲しがる学生、受け身な学生への対応は、どうされていますか?」。そうですね。どうしているだろう。というか、生…

「一部の大学はもう二度と再開できないかもしれない」WeWorkのIPO失敗を予想したニューヨーク大学の教授が警鐘

記事はアメリカでの話だが、日本の大学も同様の状況になるのは間違いない。全ての大学に対して、社会から「必要か否か」の厳しい判断がつきつけられる。リンクより引用します。※※※以下、引用※※※•ニューヨーク大学のマーケティング学の教授で著者でもあるス…

入試すらない「N高」から慶大生が8人も出たワケ~「社会そのもの」を教師として学ぶ~

「入試すらない「N高」から慶大生が8人も出たワケ(リンク」------------------------------------------------------------------前略社会が変化していく中で、学校も変化するのは当たり前です。高等学校の場合、大学受験突破力の育成という点では、存在意義は…

授業で子供が死ぬ

今の学校の授業が本当に子どものためになっているのか、教師も保護者もこの期に考える必要がありそうです。以下、(リンク)より転載。********************************2008年から文部科学省の方針により武道・ダンス…

大学生の2割が中退検討。「秩序崩壊の顕在化⇒どう生きるか?という本能欠乏⇒脱学校の潮流」が加速していく。

4月の時点での大学退学検討者は13人に1人であったが、1か月で急上昇している。以下の、2つの学生団体のアンケートによれば、退学を検討している学生が2割にまで上昇中である。2団体とも、「退学を考える」学生が5%、「すこし考える」学生が15%であり、「…

今こそ、企業が「高卒、中退者を積極的に採用する」という方針を出せば、これまでの学びは一変する。

新型コロナウィルスの影響で、自身のアルバイト収入や親の仕送りが減り、学費が払えないという学生が出てきている。大学に対する学費減免や、国や自治体によるさらなる支援を求める声が高まっており、実際、「収入源によって退学を検討している」と回答した学生が2割に…

今こそ、企業が「高卒、中退者を積極的に採用する」という方針を出せば、これまでの学びは一変する。

新型コロナウィルスの影響で、自身のアルバイト収入や親の仕送りが減り、学費が払えないという学生が出てきている。大学に対する学費減免や、国や自治体によるさらなる支援を求める声が高まっており、実際、「収入源によって退学を検討している」と回答した学生が2割に…

強制された教育制度の罪

子どもは生まれつき好奇心旺盛で、探索しながら遊ぶことで、適応しなければならない社会的、物理的な世界について楽しみながら主体的に学ぶ。それが、同年齢の子どもたちを大人が管理する学校・教室に閉じ込め、彼らの時間を強制的な時間つぶしで埋めてしま…

数字だけを気にする学校の問題

「数字だけが全て」という愚行を教育に持ち込むことによる問題性。以下、(リンク)より転載。********************************文部科学省などは1999年から長年いじめ自殺ゼロなどという目標を掲げて、それが達成でき…

新型コロナ対策でオンライン授業が当たり前に。「大学って何?」「教授って必要?」の流れが加速する。

新型コロナの影響で、ほとんどの大学においてオンライン授業の導入が決定された。前期一杯、中には、後期も含めて「今年度は全てオンライン授業」と、早々に決断した大学もある。 オンライン授業のため、少なからず、学生たちは環境整備に費用がかかり、また、親の収入減や、本…

内田樹氏、大学の授業料減免、返還を強く訴える

コロナ禍により、『必要か否かの判断』がされる。ただでさえつまらない授業が、Web授業でさらにだ。大学の無意味さを否応無く突き付けられる。大学淘汰が加速するのは間違いない。内田樹氏、大学の授業料減免、返還を強く訴えるリンクから抜粋です----------…

世間体よりも子供の選択の尊重

学校が休校になっている今、保護者の方も改めて学校の存在を考えてみるいい機会かもしれません。以下、(リンク)より転載。********************************小学校や中学校の年齢の子供は学校に通うのが当たり前という価…

「長期休校」子どもたちと学校を襲う多大な喪失

リンク新型コロナウイルスの流行について、ハーバード大学の研究チームは、外出規制などの処置を2022年度まで断続的に続ける必要があり、もし制圧に成功したとみえても2024年までは再拡大防止のために監視を続ける必要があると発表した。世界各地で医療崩壊…

学校ありきの子育てを再考

不要不急の外出自粛が叫ばれ学校が休校になっている今、保護者の方も改めて義務教育を考えてみるいい機会かもしれません。以下、(リンク)より転載。********************************日本は戦後から民主化教育という流れ…

義務教育はあくまで1つの通過点

不要不急の外出自粛が叫ばれ学校が休校になっている今、保護者の方も改めて学校の存在を考えてみるいい機会かもしれません。学校に通うこと自体が目的になってはいないでしょうか?以下、(リンク)より転載。 **********************…

コロナ騒動で脱学校が進む

このコロナ騒動で前期全てをWEB授業にする大学が増えている。大学によっては1年間全てWEB授業。小生の娘が通う大学も1年間WEB授業に決定しているが、中退を口にし始め働く道を模索し始めている。一緒に学べる仲間が居なければ意欲が湧かないのは当然のこと。…

先進国とは真逆を行く「日本のヤバい小学校」

人生最初の「見極め」は幼稚園から。とはいえ、幼稚園に入る子は3~4歳児ですから、本人ではなく親が判断しなければなりません。 「園児がビシッとした幼稚園」は要注意 まず、大人から見て「園児がみんなビシッとしていてすばらしい」と思うような幼稚園は…

小中学校の超長期休校は、パンドラの箱を開けてしまうかもしれない

小中学校の超長期休校は、パンドラの箱を開けてしまうかもしれないリンク --------------------------------------------学校の超長期休暇は、パンドラの箱を開けてしまうかもしれない。ルーチンで学校があるときは、学校の効能は客観的に評価しにくい。比較…

「マスクは白!」この状況で本気ですか?

新型コロナによる休校にともない、これまでの学校において、当たり前と思われてきた様々な活動に対して、「本当に必要だったの?」という気持ちが高まっているように思う。~学校活動、コロナ休校で見えてきた「本当に必要なもの」~リンク そん中、札幌市内の…

先進国とは真逆を行く「日本のヤバい小学校」

リンク人生最初の「見極め」は幼稚園から。とはいえ、幼稚園に入る子は3~4歳児ですから、本人ではなく親が判断しなければなりません。「園児がビシッとした幼稚園」は要注意まず、大人から見て「園児がみんなビシッとしていてすばらしい」と思うような幼稚…

先進国とは真逆を行く「日本のヤバい小学校」

リンク 人生最初の「見極め」は幼稚園から。とはいえ、幼稚園に入る子は3~4歳児ですから、本人ではなく親が判断しなければなりません。 「園児がビシッとした幼稚園」は要注意 まず、大人から見て「園児がみんなビシッとしていてすばらしい」と思うような幼…

コロナウイルス終息後「学校に行かなくてもいい」時代が来るワケ

リンク◇オンライン授業への大きな反響新型コロナウイルスの感染拡大は、明らかに人びとの行動を変えたと思います。これほど突然に、子どもたちの学校が長期の休みに突入するというのは、これまで誰も経験したことがありませんでしたから。多くの人が、外出も…

共同体は遊びから、群れ遊びを楽しもう

【ケンカも友だちとのコミュニケーションを学ぶ機会に】そうこうしている間に、「○○ちゃんはさっき鬼やったでしょ!」「だからこのタオルは○○ちゃんの番!」と、子どもたちがハンカチ落とし用のタオルの引っ張り合いを始めました見守っていると、自然に誰か…

今、社会に出て働いている子供たちに学べること

今、実際に少数だが社会に出て働いている子供たちが、存在する。 普通の大人たちは、「まだ早い」「大人からでいい」などの言葉を口にするが、今大人より子供の方が注目を浴びている。 そこで、今回は今実際、働いている子供たちについて触れていこうと思う…

≪体験談≫子供でも社会に必要な能力は仕事で形成される。

今類グループが経営している類学舎というところで、すごく印象に残った子供がいました。A,S君という子の体験談を紹介していきたいと思います。 その子は、ある会社で7ヵ月間も仕事をしていました。12歳で毎日していました。毎日会社に行っては仕事をして…

定住の生産様式の変化が、子どもの遊び→内発意欲→能力にも影響

引用の著書は、(狩猟採集から農業に絞っているが牧畜も含めて)「定住の生産様式」への変化が、「自然の一部(自然との一体視)」の喪失と「管理する」意識に繋がり、それが子育ての変化→子どもの遊びに影響した、という内容は、※「農耕・牧畜によって現生…