権利は人を遠ざける

権利を主張する人って、周りからそういう人って見られてるから、みんな一歩引いて接することになる。権利なんて言葉を使って主張すればするほど、表面的には合わせてくれていたとしても、みんなには見向きもされなくなる。そんな共認非充足からますます、自我を強めていくことになる。

>そしてその権利の根拠となっているのが「天賦人権説」。つまり人権は生まれながらに与えられているもの、天が与えたものという訳です。要するに自然科学上や社会科学上の事実に基ずく根拠は一切ありません。

何の根拠もない、人と人とを遠ざけるためだけにある権利を主張するのなんてやめよう。人と人が分かり合うのに、権利なんて必要ない。

匿名希望