大学の意味

先日、大学の教授へ挨拶に行く機会がありました。そのときに、最近の学生は他の分野へ就職する割合が高くなっている、という話が出ました。これは一体どういうことなのでしょう?一度はある特定の分野に興味を惹かれたものの、学んでみたらおもしろくなかったから他の分野へ行くことにした、ということなのでしょうか。だとしたら、よっぽど大学の講義がつまらないものだったということですよね。
教授は小首を傾げながら話をしていましたが、これは大学にとってはとても深刻な事態だと思います。大学は何をするところなのか?学生を社会へ送り出す前に必要な知識を与えるところ、というのであれば既に破綻しかけているということになります。学生が将来の進路を選択するための猶予期間を与えるところ、というのであれば別に大学に通わなくても4年なら4年という期限を設けて職場に仮入社し複数の職場をまわることができるといった制度を設けた方が、よっぽどましだと思います。
大学は何をするところなのか?大学で何ができるのか?外向き志向の若者に見捨てられる前に、大学人は考えるべきだと思うが、そういった危機感もまだ大きく感じていないのかもしれない。

村上靖佳