期待の矛先を変えましょう。

>「ある時先生に言われたんだ。『ドラマの見すぎじゃないの?そんなに熱血指導したって、彼ら(生徒)には伝わらないし、向こうは理解してくれないから無駄だよ。』だってさ。」

 学校現場、とくに公立の学校では、こんなセリフ、さんざん飛び交ってます。教員志望の学生さんはそれなりに意欲に燃えて教職に就き、子ども達と泥んこになって毎日を過ごす・・・というのも若さゆえ。やがて彼らもまわりの教師達と同化していつしか立派な「サラリーマン教師」となっていく、というのがよくあるパターンですね。せっかくの人材が死んでしまうわけです。

 つまりは、学校には次代を担う教師を育むシステムがないということです。経験があるもないもみな平等、そしてそれぞれが個人で勝手に好きなことやってるだけですから。それを生徒や保護者が評価して、あの先生はいいやら悪いやら、まさに当たり外れの世界でしかない。

 おっしゃるような、教師が自分の時間を確保したいからという理由でクラブの顧問になりたがらなくて休部状態のクラブが増えている中、一生懸命クラブで生徒を指導している側を、冷めた目で見る、あるいは、遊んでるようにしか見てないのもよく聞く話です。

 教育を実践していくのは教師、というワクを外して、誰もが関わる課題として捉えなおした上で、新しいシステムなりが求められていると思います。実際、各地で興っているさまざまな取り組みは、既製のワクの中でしか生きられない教師の肩身を狭くしてゆき、やがて学校も変わらざるを得ない方向へと向かわせています。
 ひと昔前なら、学校の補完にしかならなかったものが、今や既存の「学校」を超えている例はいくらでもありますから。

松下直城