教育は、共育あるいは、協育にしたい・・・

最近の佐藤さんの投稿、楽しみに拝見させてもらっています。

初めて、レスします。佐藤さんのmsg35852の「教師が公務員である限り問題は、解決しない」を読んでその通りだと思います。しかし、現場にいる教員達も、生徒の変化に追従できず、その断層を感じて、かなり悩んでいらっしゃると思います。

そもそも、公務員とは、安定した職業。そこを選ぶ人々は、そもそも、闘争忌避傾向にあり、教師自身お互いに、競争原理が全く働いていないので、聖域や教師天下となりやすい構造は、ありますね。だから、強引に学校の枠に嵌めたがるのだと思います。PTAや連盟や文科省などの目もありますので、かなり強直した体制になっていることは、間違えないと思います。新聞では、校長になりたがらない普通教師が多いなどと報道されています。

これでは、教師の能力の向上を上昇させる活力を生むこともなく、無能となって、サラリーマン化、奴隷化していくことは、間違えないでしょう。

逆に、私企業の我々も、私権原理や既存観念に犯されて、市場の取引関係に没頭するがあまり、利益主義のような企業原理を適応するのもこれまた、困ったものです。反省すべきところですね。合格者率が、その教育産業の成否を決めるという問題性もありますね。

誰が、どのように一体、この社会を教えるべきなのでしょうか?

もしかしたら、教えるべきものなどなく、教師も生徒も、親も、地域も含んで、みなから教わるべきなのではないかと思います。その枠を超えて、集団をつくる気持を繋ぎ合える場と評価の場を形成できるといいですね。

我々の意識のもちようを私権価値でもなく、身分意識でもなく、安定志向でもない、本源価値(みなで、楽しみ、協働して創り上げる・・・)場をつくることだと思います。

言葉あそびではないけれど、教育は共育(共に育まれる)あるいは、協育(協働して育む)になるのでは・・・と思います。

近藤文人