ネット時代の新しい高校「N高等学校」

ネット時代の新しい高校として、2016年4月に開校した通信制の「N高等学校」
が面白い。リンク
“ネットの高校”を標榜しているのが大きな特徴で、運営は、学校法人角川ドワンゴ学園カドカワグループのドワンゴKADOKAWAが全面的に支援。
 N高等学校のコンセプトは、ネットもリアルも包含した「プラットフォーム」とそこに行く為の「列車」づくり。東大に行きたい人も、漁師になりたい人もどんな人でも受け入れる。
 プログラムの中でも魅力的なのが「N高プロフェッショナル課外授業」と呼ばれる「課外授業」で
・オリジナル教材や予備校講師による授業が特徴の大学進学を目指す生徒のための課外授業
ドワンゴのトップエンジニアが教える特別講義などのコースを用意するプログラミング授業
・現役の作家や現役編集者が教える小説創作の授業
・現役のクリエイターやプロデューサーなどが講師を務めるエンタテインメントの創作授業
・専門学校などの講師が教えるファッションやパティシエ、ゲームプログラミングなどの講座
など、多彩な授業を受けることが出来る。
面白いのが、リアルな課外授業も存在するところ。地方自治体や企業・団体の協力の下に実施する酪農体験や農業・漁業体験、さらには刀鍛冶などの伝統技能職体験などを受けることができる。
 プログラムは、学校内だけにとどまらず
・即戦力のIT人材育成のための「バンタン プログラマーズ・ハイレベル・ハイスクール」
・個別指導塾「坪田塾」を運営するビビッドとカドカワが設立したN塾が運営する東大進学希望者のみの全寮制個別指導塾「N塾」
代々木ゼミナールと提携した大学進学希望者のための「代ゼミNスクール」
・ゲーム、アニメ、IT、ファッションデザイン、美容分野、調理、製菓など30分野から選べるバンタン高等学院の通学コース「マイセレクトコース」
 のように、N高等学校と提携する学校への通学も可能。
プログラムも極めて実践的で、例えば「バンタン プログラマーズ・ハイレベル・ハイスクール」は、1年間で即戦力のエンジニアを育成することをうたっており、インターン先もあらかじめ用意している。現時点でドワンゴのほか、LINE、チームラボ、クックパッドはてななどの会社が受け入れ先として候補に上がっているという。
 社会で全く役に立たない5教科の時間を最小限にして、その余力で様々な体験を提供しているのが興味深い。
 ネット高校の強みを活かして全てをログ化しているとの事で、今後の進化に注目したい。



大森久蔵