「一生懸命勉強するのは馬鹿」

「一生懸命勉強するのは馬鹿」
うちの二女がそう言ってました。
「だって、TOEICの試験で、いい点取るために一生懸命勉強している人より、全く勉強しないで遊んでいるだけの私の方が点数よかったんだよ。一生懸命勉強する意味がわからない。」
現在大学2年生の娘は、元々勉強が嫌いで小中高ともほとんど勉強らしい勉強をしていません。ところが高校生の時にたまたま洋楽を聴くようになり、あるアーチストのファンになったことがきっかけとなって英語に興味が沸いたようです。といっても英語の勉強に興味を持ったわけではありません。同じ音楽を聴く仲の友達と一緒に、日本語を勉強したい外国人とSkypeで会話を楽しむサイトに登録して、毎晩のように会話を楽しんでいました。現在大学2年生ですが、今でもやってます。その内海外にいろんな友達ができ、その友達が日本に来れば会って一緒に遊んでいました。
ただ楽しく会話して遊んでいるだけです。
相変わらず学校の(大学も)授業はつまらないし勉強する気にはならないようですが、海外の友達との会話や海外の世界を知るにつれ、英語をもっと勉強したいという気持ちが生まれたようです。
来年1月の半ばから3ヶ月間、アメリカにホームステイに行く予定を自分で決めてきました。それもホームステイを無償で受け入れる代わりに仕事を依頼するというサイトを探して、旅費だけで行けるとのこと。これには正直すごいと思いました。日本語が全く通じないアメリカ人家庭によく飛び込む勇気があるなと感心しましたが、本人は楽しみでしょうがないらしいです。
学校の勉強が嫌い、できない。でも全く問題なく社会に適応していけることに改めて気付かされました。




中田燿平