受験教育から脱却した学校~広尾学園~

廃校の危機から中学受験者数トップになった学校がある。東京にある私立広尾学園だ。7年前まで女子校だった同校は、これといった特徴のない他の多くの女子校同様、少子化と進学重視の外部環境の変化により、廃校の危機に瀕していた。そんな広尾学園が教育方針の大転換を図り、今や教育界から大きな注目を集める存在になっている。
(以下、リンクより引用)
受験教育からの脱却
 iPS細胞と言えば再生医療の未来に大きな期待を抱かせ、京都大学iPS細胞研究所山中伸弥教授にノーベル生理学・医学賞をもたらした研究で有名だが、その英語論文を読み解き、さらに一歩踏み込んだ研究をしている高校生たちがいる。老化した細胞からiPS細胞をつくりだす効率を改善するというテーマに取り組む吉本楓さんは、東京都港区にある広尾学園高校の医進・サイエンスコースの2年生だ(当時)。今年、卒業した彼女の先輩、森下彩華さんと丸山梨乃さんは「生物の寿命を決定する要因」を研究したが、森下さんは最初、ES細胞やiPS細胞からその秘密に迫った。一方、丸山梨乃さんはプラナリアという再生能力が高い生物を使ってその研究をした。
 吉本さんらは夏休みに渡米し、自らの研究内容をカリフォルニア大学デービス校やスタンフォード大学でプレゼンテーションする機会も得た。普通の高校ではなかなかない体験だ。
 
広尾学園で活躍するのは女子生徒たちだけではないし、活躍する分野も生命科学だけではない。
 昨年9月には日本数学会という権威ある学会で、医進・サイエンスコース高校3年生(当時)の塩谷祈くんが数学者らを前に発表を行なった。テーマは『擬素数の決定について』。
 医進・サイエンスコースの生徒たちの多くが、こうした学会やコンテストに参加しているが、彼らは高校生に用意された特別枠を嫌い、あえて大学生や専門家らが応募する枠での参加を望むという。「世界でまだ誰もやっていない研究をする」ことを掲げて、それに取り組む生徒たちの意欲はそれほどまでに高い。
この子たちを落とす大学が間違っている
同コースの「研究活動」では、年に1度、研究成果報告会を行うが、これに加えて東京理科大学の卒論発表の場でも発表を行なっている。物凄いモチベーションで大学生顔負けの研究をしている高校生たちの発表は、その場を共有する大学生たちにも良いいい刺激とプレッシャーを与えているようだ。医進・サイエンスコースをつくった一人、教諭の木村健太氏は、まさにその点を狙っている。
 「医進・サイエンスコースの生徒たちは、進学した大学での教育に満足できないかもしれません。そんな生徒たちが今の大学そのものにプレッシャーを与え、変化を促せるようになればいいなと思っています」
 最初は「偏差値が高いから」という理由で子供たちを医進・サイエンスコースに入学させたつもりの保護者の中でも、最近では徐々に考え方が変わってきたという方が多い。大学受験用の学習だけではなく、高校在学中に社会に出た時に役立つスキルや姿勢を身につけることが、将来を長く見渡した時には大事なのではないかと考えるようになってきたのだ。一方、生徒たちの進路の選び方も変化している。就職に有利な有名大学を選ぶのではなく、自分がやりたい研究の第一人者がいるから、といった理由などで大学を見るようになったという。
(中略)
共学化、進学校化までの道のり
今からわずか7年前の2007年頃、広尾学園(当時は順心女子学園)は廃校寸前の状態だった。同校の始まりは大正7年に板垣退助(伯爵内務大臣)とその婦人、絹子によって設立された順心女学校。開校以来「自律と共生」を教育方針とした中高一貫校であったが、21世紀に入ってからは、少子化に加え、進学率重視の傾向のあおりを受け、1500人いた生徒が500人にまで減っていた。
 
(中略)
 
すべてが変わったのは2005年、学習塾経営者の経験もある大橋清貫氏が学園長に就任してからだ。大橋氏はそもそもの話として「これからの学校は進学校でないと生き残れない」という現実を突きつけ、「男女共学にする」ことを強く提案した。それまでの枠組みを変えることで苦境の学校を再び成長に転換させることもできるという新しい学園長の方針に対して、多くの教員が「もはや変わらざるをえない」と同意。同様に、在校生の多くの保護者も、学校を存続する上で方向転換は仕方がないと納得したのだ。
 
(中略)
 
普通にやっていたのでは認めてもらえない。そこで考えたのが、教員研修で、教員1人ひとりが難関大学の入試問題を実際に解くという入試研修だった。この地道な活動が口コミで広がり説明会に集まる父兄も少しずつ増えていった。女子校時代、説明会に来る保護者は数組から十数組だったが、評判が評判を呼び、その数をはるかに上回っていった。他の誰もやりたがらないこと、他の誰もやらないことに取り組んで信頼を勝ち取ったのだ。
(以上、引用おわり)



和三盆