フィンランド式教育のすごさは、子供にとって何が良いかを常に繰り返し問い続けることにある

目的は「子どもたちの将来にとって何が良いか」を常に先端で追求し続けることであり、テストのランキングや、確立した教育方式を権威的に誇示したり信仰することではない。
日本の教育(者)とは間逆である。
----------------------------
教育改革進むフィンランドーー学生主体の欧州最大級テックイベントとは
リンク
世界的に評価の高いフィンランド式教育だが、その現状に留まることはない。「子どもたちの将来にとって何が良いか」を問い続け、新たな取り組みを重ねている。
■自己表現や社交性を養うICT教育
「目標達成の補助手段として、最新のICT(情報通信技術)を駆使しているのです。本来的な学習内容に加えて、マナー、相互作用に関わる能力、広範囲な自己表現能力を養っています」 1994年設立の同校では、グループワークにおける共同作業や成果物発表はクラウド活用を前提としており、その上で必要な基本サービスはエスポー市を介して無料で提供されている。
これらを十分に使いこなすため、全教師がiPad保有すると共に、生徒は授業内容や課題に応じて、学内にある400以上の最新機器(デスクトップPC、ラップトップ、タブレットなど)を利用できる。
このように、デジタルツールが全ての科目に対して横断的に統合されている。科目別に焦点を当てると、生物や歴史ではデジタルブックスを用いて視覚的に学習したり、社会ではタブレットを用いて電子書籍の共同編集を行う。また、物理や科学では電子ノートを用いて実験結果を共有、語学ではフリーラーニングプラットフォーム「Kahoot」「Quizlet」「Padlet」などでゲーム性を取り入れ、数学では動的数学ソフトウェア「GeoGebra」を用いてより複雑な問題に取り組んでいく。
■現場が最適な教え方を判断
フィンランドの教育制度が他国と大きく異なる点は、カリキュラムや学習目的については国が決定権を持つが、自治体、学校、教師が主体となって「生徒が何をどうやって学ぶのか」を決められることだ。中央省庁のトップダウンではなく、決定権が現場にあり、生徒への“最適な教え方”を判断できる。
新カリキュラムでは、複数教科にまたがる横断的教育を行う授業を最低1コマ盛り込むことが義務付けられ、「世界大戦」や「地球温暖化」などのテーマを数週間に及ぶプロジェクト形式で学んでいく。例えば「世界大戦」について、歴史、地理、数学の観点から勉強していく形だ。算数や生物といった科目別教育が消えるわけではないが、このようなテーマ別授業が学習法の一つとして新たに加わる。
学習目標の設定については、教師が各生徒と話し合う中で一緒に設定していく。つまり、教師が話し手・送り手、生徒が聞き手・受け手に徹するのではなく、学校が互いに学び合えるコミュニティになっていくことを志向している。実際、授業は教室の中だけでは行われない。廊下のない校舎を建てた新設校もあるほどだ。
このように新カリキュラムでは、学習方法を学んだり、新しい技術を使いこなしたり、自分なりに考えてプロジェクトを実行させたり、成果を人前で発表するといった“将来に必要なスキルの育成”に焦点が当たっている。暗記を軽んじるわけではないが、重きは置かれていない。同様に、テストは学習の一部分であるものの、要ではなく、宿題の量も多くない。
日本でよく話題になるプログラミングも新年度から必修化されたが、これは独立した科目ではなく、算数、音楽、体育など、全ての科目に横断的に取り入れられる。1年生から9年生まで段階的に、正確な指示伝達、論理的思考、コンピュータやタブレットの動作、アルゴリズム、最低1つのプログラミング言語を学んでいく。一方で教師は、生徒たちが自由に学び、失敗し、再び挑戦する環境を整える進行役であり、そこでの専門性は強く求められていない。
繰り返しになるが、フィンランド教育は現状においても、OECDPISA(学習到達度調査)において世界トップクラスの評価を得ている。ただ、そういったランキング上位に甘えず、「子どもたちの将来にとって何が良いか」を繰り返し問い続け、教育上の決定を行う姿勢――、さらにいえばグランドデザインを描けていることが、今のフィンランド教育を形作っているのだろう。
■無償の教育を平等に
■学生主体のスタートアップの祭典
(一部略)
----------------------------



匿名希望