100万円と1万円の犬はどちらの命が重い?

以下リンク
東洋経済オンラインより
-*-*-*-*-*-*-*-*-
法的な罪と、道徳的な悪
(中略)
「ある朝、価格が1万円の犬と100万円の犬が、それぞれ飼い主と散歩をしていた。2匹がすれ違う際、カラスの大きな鳴き声に驚いた1万円の犬が100万円の犬にかみつこうとした。危険を感じた100万円の犬の飼い主は、護身用に持参していた棒で1万円の犬をたたいてケガをさせた」
100万円の犬の飼い主が、かみつこうとする1万円の犬を護身用の棒で傷つけても、「緊急避難」と見なされ、無罪となることを話しました。ただ、かみつこうとしていた側が100万円の犬であれば話は違ってきます。理論上、1万円の犬の飼い主が100万円の犬を傷つけることは、「器物損壊罪」に問われる可能性があるからです。
ところがです。私がこのように話を進めたところ、それまで「うんうん」とうなずきながら聞いていた子どもたちの幾人かが急にざわめき始め、教室内の方々から驚きや非難の声が上がり始めたのです。
話を聞いてみると、「同じ犬なのに、同じ生命なのに、それでは1万円の犬がかわいそうじゃないか、なぜ値段で差をつけ100万円の犬をひいきするのか」というのです。子どもたちの素朴な疑問はもっともであり、ひたすら学問を究めてきた私にとって、このリアクションは驚きであり、新鮮でした。
数日後、私をさらに驚かせる出来事が起こりました。授業を聞いた小学校の子どもたちが、私が当日話した講義内容について、一人ひとりコメントを書き、自宅に文集として送ってくれたのです。その中に次のようなコメントがありました。
小林公夫先生へ
先日は私たちに授業をしてくださり、ありがとうございました。いままで聞いたことのない話が聞けて、とても面白かったです。
(中略)
自分の犬を救助するために人の犬を殴りつけても、値段の比較で犯罪になったりならなかったりするのはちょっとひどいなと思いました。命はおカネで買うことができないのに、どうしてなのかなとも思います。
その日、家に帰り、お母さんに価格が1万円の犬と100万円の犬の話をしました。1万円の犬が100万円の犬にかみつくことは許されず、100万円の犬が1万円の犬にかみつくことは許されるんだよと話したら、「えーッ!」と驚いた後、お母さんはその後じっと考え込んでいました。いろいろ勉強になりました。これからもお仕事頑張ってください。
子どもたちの感想を読みながら、私は生命とは何か、公共性とは何かについて思いをめぐらせていました。これまで学んできた学問の枠組みはこれでよいのだろうかとも考えました。法律のうえでは、所持者(飼い主)がいても犬は「物」にすぎず、価値判断としてそれがどういう価値があるかは経済的な値段の比較で量られるのです。このように、学問は物の軽重を定義します。
しかし、子どもたちの思いはそれを受容していません。子どもたちの考えは純粋に犬の生命の尊さに及んでおり、それは値段などで変わることはないと位置づけているのです。また、自分自身に救助する義務がないケースでも、社会の中に困っている人がいれば、手を差し伸べるべきではないかと考えているのです。
「正義」は人間の本能なのか?
この話と関連して、京都大学などの研究グループが行った、ある興味深い実験をご紹介します。それは赤ちゃんに「攻撃者」「被害者」「正義の味方」「傍観者」という4つのキャラクターが登場する動画を見せ、反応を探るという実験です。赤ちゃんに見せる映像は2種類あり、1つは青色のキャラクター(攻撃者)が黄色のキャラクター(被害者)を追いかけ攻撃し、追いつめるシーンで構成されています。
そして、黄色のキャラクターが何度か攻撃を受けた後に、画面の中央にいる緑色のキャラクター(正義の味方)が両者の間に割って入り黄色を助けるというものです。
一方、もう1つの動画は、青色の同様な攻撃に対して、画面の中央にいるオレンジ色のキャラクター(傍観者)は黄色を助けず、われ関せずと、その場から反対方向に離れてしまうのです。
この2つの動画を生後6カ月の赤ちゃんに交互に見せた後、赤ちゃんの目の前のテーブルに動画に登場した緑色のキャラクターとオレンジ色のキャラクターを置き、「どちらが好きかなあ」と選ばせると、生後6カ月の赤ちゃん20人中、17人が緑色のキャラクターを選んだというのです。
実験では偶然の選択可能性を排除するため、複数の実験を生後6カ月と10カ月の赤ちゃん計132人に異なるパターンの動画を見せる実験も併せて行いました。
同研究グループの出した結果は、“人間には生来、「正義感」が備わっている可能性がある”ことを示唆しています。この研究結果がイギリスの科学誌『ネイチャー・ヒューマンビヘイビア』に発表されると、ネット上では大いに話題になりました。
医師を目指す子には、正義の心を持ってほしい
もし、この実験の仮説が正しいとしたら、やはり社会集団の形成と正義の心、公共心には何らかの関連性があるといえるかもしれません。ただ、懸念されるのは、赤ちゃん→小学生→受験生と発達段階が進むにつれ、「公共性」「公共心」「正義の心」などが減少してしまっているのではないか、という不安があることです。
-*-*-*-*-*-*-*-*-100万円と1万円の犬はどちらの命が重い?



匿名希望