強制化されていく部活動。その強制圧力に生徒も先生も壊されていく。。。

本来、自主的な課外活動としてみんなの善意によって支えられてきた部活動。しかし、今やそれが強制化され、強制圧力の中で、生徒も先生も疲弊していく構造にあるようだ。
以下(リンク)より引用
= = = = = = = = = = = = = = =
部活動といえば、日本人の多くの人にとって馴染みのある文化であり、部活動を通して身心の発達に寄与してきた事実があると思います。
ですから、私たち教師たちは子供たちのためと信じて、休日も返上して部活動指導を行ってきました。
しかし、教師も世間も部活動のメリットを評価する風潮が強すぎるあまりに、部活動の存在はいつしか学校教育の中で肥大化し、様々な問題を生み出していくようになりました。
現在、学習指導要領において部活動は「学校教育の一環」とされていますが、あくまで課外活動であり、教科などの正規の教育課程として位置づけられているものではありません。
部活動は生徒の自主的・自発的な活動が始まりであり、学校はその活動を善意によって支えてきたものです。
それにもかかわらず、現在では部活動は学校が行う「当たり前の活動」となり、様々な要求を突き付けられるようになりました。
それに応えるべく続けてきた結果、多くの学校には「全員顧問制度」が取り入れられ、教師にとって善意の活動であるはずの部活動指導は強制的なものとなりました。
そうすると今度は、生徒に対しても全員に入部を義務付ける制度を取り入れたり、勝利至上主義によって体罰や人権侵害と言える指導が横行したり、生徒にとってもよくない事態が多く起こるようになってしまいました。
さらには肥大化した部活動が、本来優先されるべき教科指導を圧迫し、教師が本来の職務を十分に全うできない事態にも発展しており、その悪影響は教員と生徒にも及んでいるのが現在の教育現場の実態です。
こうした問題点を学校現場から一つ一つ変えていくことができればよいのですが、ここまで年を重ねて大きくなった学校文化を変えていくことは容易ではありません。
学校からも、世間からも、生徒からも、いろんな立場の人たちから、「今の学校っておかしい!」「部活動のあり方はおかしい!」と言ってもらい、多くの人に理解されないと変われないのが実情なのです。
引用終わり



紺碧空