脱学校原論 ⑥ 「学校化」した日本から脱ける

「脱学校原論 ⑥ 「学校化」した日本から脱ける」真宗大谷派僧侶 堀 蓮慈 リンク
より引用
イバン・イリイチの脱学校論が日本に紹介されたんはもう30年近く前の話や。それは脱病院論と対になって、近代社会を問い直すもんやった。
ポイントは、学校に行かんと必要なことが学べん、病院に行かんと病気が治らん、いう思い込みによって、人間の自己学習力・自己治癒力が失われて、施設に依存するようになってしまう、いうこっちゃ。その傾向は社会のあらゆる部分に広まって、学校化社会が完成する。
そないして自分独自の価値が信じられんようになった人間は、周囲に同調し、権威に従属するから、メディアによっていとも簡単に操作される。
権力者はそういう大衆を育てたかったわけやから、学校化はみごとに成功したと言える。
で、大衆社会の次に来るんはファシズムや。日本ではほぼその下準備ができあがっているから、小泉よりも弱者に優しいカリスマが出てきたら一発やろし、単に「時代の空気」だけでも十分かもしれん。この40年ほどを見てきて、ぼくはこの流れの逆転は不可能やと思う。とことん行くとこまで行かんと方向転換できん国やから、日本いうんは。
 日本人の多くは近現代史に無知やから(歴史を「暗記もの」にしてもた教育者の責任は大きい)、歴史から学ぶこともできそうにない。
それに、今までこの論考で言うてきたように、今や物を学ぶ動機そのものが失われている。学歴があったら将来ええ暮らしができる、いう人参をぶら下げて受験レースを煽ってきたが、それが難しくなってきたもんで、今度は「格差」の脅しの鞭で追い立ててるのが現状。
そやけどそれも限界、というか、早い時期にレースを投げる若者が大量に出てきてるようや。どうせやっても見込みがないんやったら、やるだけアホらしい、いうわけやな。
 無意識にせよそういう戦略を取る気持ちはわからんではない。とりあえず生活はできるんやから。それは今までの蓄積を食い潰してるだけ、て言うかもしれんが、別にええんちゃう?豊かになるいうんは、あくせく働かんですむ、いうこっちゃから。
今までやってきたことの是非は別にして、蓄積があるうちにそれを利用して別の道を模索した方がええ。どういう道?好きなことをやって、貧乏でも幸せになる道や。
金がないと不幸や、いうんは金に依存しているわけで、そんな不安な人生はない。
以下略



山根教彦