もう1度小学校に通える!最先端を学べる山形の大人の小学校がスゴい

学びの力で地域と東京を繋ぐ
以下MAG2ニュースより引用です
リンク
2015年10月からスタートした熱中小学校の主軸は、メインの社会塾と、課外活動の里山学習、技術学習です。社会塾では国語、算数などの小学校らしい内容(もちろん内容は大人向けですよ)から、ベンチャービジネスなど、多岐に渡った分野を学ぶことが出来ます。また、講師陣も多彩な人材ばかり。大学教授や、様々なジャンルで活動する社長、CEOなど、熱中小学校の精神に共感した講師陣が、最先端の授業を行なってくれます。
授業は毎月週2,4土曜日の午後。1日3講義あります。半年ごとを1クールとし、3年で卒業というカタチをとっています。第1期は84名が参加しました。山形に通い続けるのは難しい…という方のために、ネット授業も開催しています。
熱中小学校の主軸、その2が里山学習です。稲刈り体験や、ぶどうの収穫体験など、授業日に合わせて特別課外活動を行ってきました。また今年から行うのが「ぶどう畑再生プロジェクト」。小学校前の耕作放棄地を3~5年かけて再生していく計画です。熱中小学校から新たに「ローカルブランド」の開発を目指します。
主軸その3は技術学習です。なんと熱中小学校には3Dプリンターやレーザー加工機が常設してあるんです。講義前には山形大学の生徒が講師をし、使い方をレクチャーしてくれます。2016年3月より、一般開放を開始。平日9時〜16時は誰でも3Dプリンターの体験ができます。
学びの力で地域と東京を繋ぐ
地域共生の役割も担っている熱中小学校。事実、第1期の生徒84名中31名が県外、うち13名が東京からの生徒でした。ここでしか学べない特別な講義や課外体験は、山形に足を運ぶ価値を生み出します。また、共にローカルブランドの開発を目指したり、地元の学生に最新機器の使い方を学んだり、地方の人との交流のきっかけにもなります。他にも、学校内にはサテライトオフィスがあり、東京と山形を繋ぐ拠点ともなっています。学び、体験、仕事、多方面で地方と東京を繋ぐ役割を果たしているのです。
3月13日に2期生の入学式を行ったばかりの熱中小学校。2クール目からは「ぶどう」をキーにしたプロジェクトのスタートの時期です。また生徒同士で自主的に部活動のような活動も始めているそうです。さらに盛り上がっていきそうですね。
さらに3月にじゃ八丈島にも「八丈島熱中塾」が新たに立ち上がることが決定。ますます注目が集まります。
ちょっとでも気になった方。講義の見学は随時可能、里山・技術学習は生徒意外にも開放していく予定だそうです。あなたも熱中小学校で見てみませんか、「もう1度、7歳の目で世界を…」。
熱中小学校
リンク
引用終了



 
志水満