日本の高校生「一夜漬け」「授業中居眠り」最多

読売新聞 リンクより
・・・・・・・・・・
 日本の高校生の勉強は「一夜漬け」型で、授業中の居眠りも多い――。
 国立青少年教育振興機構(東京)が13日発表した国際調査から、授業に受け身な日本の高校生の実態が浮き彫りになった。
 調査は昨年9〜11月、同機構などが日本、米国、中国、韓国の4か国の高校生計7854人に勉強のしかたなどを尋ねた。その結果、「試験前にまとめて勉強する」は日本が69・3%で、4か国の中で最高だった。他方で、日本は「できるだけ自分で考えようとする」が33・3%、「勉強したものを実際に応用してみる」が10・2%で、ともに最低だった。
 平日に学校での授業と宿題以外は勉強しない日本の高校生は、前回調査の2009年の34・6%から、24・2%に減ったが、4か国中で最高だった。
・・・・・・・・・・
>授業に受け身な日本の高校生の実態が浮き彫りになった。
これは、結果。問題なのは、このような状況を作り出した日本の教育制度にあることは明らか。高校生に責任を押し付けるのを止めて、現在の日本の教育=「講義型、暗記型、強制型、非現実型」教育の見直しを。



 
加藤俊治