東大上位常連「麻布生」が本気で作詞する理由

以下(リンク)引用
------------------------
■「ゆとり教育」をきっかけに生まれた名物授業
戦後、中高一貫校体制になってから、1度も東大合格者数トップ10から外れたことがない唯一の学校でありながら、制服も校則もなく、徹底的に自由な校風で知られるのが、東京都港区にある麻布中学校・高等学校。約60年にわたって東大合格者数トップ10から外れたことがないにもかかわらず、1度もナンバーワンになったことがないというツメの甘さも麻布らしさだと卒業生たちは笑う。
校則がない代わりに不文律がある。「鉄げたでの登校」「麻雀」「授業中の出前」の3つが禁止。逆にこれくらいしか禁止事項がないという意味で、麻布がいかに自由であるかを象徴するものだ。
生徒も自由なら、教員も自由だ。大枠のカリキュラムはあるが、授業内容については教員の裁量の幅が大きい。学習指導要領に準じながら、独自の解釈を加えてつくられた麻布オリジナルの科目も多い。
いわゆる「ゆとり教育」の流れを受けて、「週5日制」を導入するか「総合的な学習の時間」をどう扱うかという議論の中で生まれたのが麻布オリジナルの「教養総合」という科目である。高1・2を対象に、土曜日の3〜4時間目に実施されている選択必修科目だ。毎年約60ものテーマが設定される。過去には「原子力利用と社会」「現代医療について考える」「気分はもう戦争?」「生命倫理とは」などが実施された。外部講師を招くことも多い。
その中に、すでに7年以上続く定番講座として、「<故郷(ふるさと)>四番をつくる」がある。講師は同校の卒業生であり、首都大学東京で教育社会学を専門にしている西島央准教授だ。
唱歌<故郷>は、大正3年(1914年)から小学校で歌われている。作詞は高野辰之、作曲は岡野貞一。歌詞はこうだ。
兎追ひし彼の山
小鮒釣りし彼の川
夢は今も巡りて
忘れ難き故郷
如何にいます父母
恙無しや友がき
雨に風につけても
思ひ出づる故郷
志を果たして
いつの日にか帰らん
山は青き故郷
水は清き故郷
日本の美しい原風景が歌われている。現代でも心震わせる歌詞とメロディだ。だがそれは、100年前に長野県出身者が描いたものだ。21世紀を担う高校生なら、現在の日本や自分が住んでいる地域社会をどう描くだろうか。そこに挑戦してみようという授業である。そのためだけに、2コマの授業を5週にわたって展開する。都合10時間をかける。
最初の2コマでは「日本」と<故郷>のイメージをつくる。2週目は唱歌の特徴と人々に与える影響について整理する。3週目には今の高校生の考え方、社会の価値観、現代の日本や住んでいる地域社会の情景の特徴を表す言葉などを整理して、歌詞のコンセプトを抽出する。
4週目は、近いコンセプトをもった生徒同士で2〜3人のグループをつくって、話し合いながら歌詞を完成させる。5週目は発表。自分たちがつくった歌詞のコンセプトを発表し、それぞれの歌詞の内容に合わせてプロの音楽家がアレンジした<故郷>を聞く。最近では、文学史を参考にしながら、詩や唱歌に使われる言葉と社会背景の関係性に注目したり、最後に音楽家との意見交換を行ったりもしている。
■「社畜」「足枷」「思考停止」…現代社会への痛烈な批判
発表の場では、各自が作成したプレゼンテーションのスライドが上映される。街に出て、現代の日本を象徴する情景だと思われる写真を撮ってきている。ある生徒は日本の伝統的な美しさと都会の人混みを対比させた。
ある生徒は高層ビルの夜景の写真を写しだし、「きれいに見えるかもしれませんが、この明かりの中には残業をしている人たちがいるんです。会社のために自分の時間を削ってまで働くようになってしまった人たちのことを現代用語では『社畜』と言います。これは偽りの美だと言わざるをえません」と指摘した。できた歌詞はこれだ。
ビルの谷間に蠢(うごめ)く社畜
揃(そろ)わされた足並みは足枷(あしかせ)という名の伝統
慰めに築き上げたは見えない関係
過ぎし夢に故郷
この歌詞に合わせて、プロの音楽家が曲をアレンジし、プロの声楽家が生徒たちの目の前で歌ってくれる。メロディは確かに唱歌<故郷>であるが、歌詞によって編曲がまったく違う。ジャズっぽいアレンジもあれば、オペラ風もある。プロの演奏と歌を聞いて、普段はクールを装う生徒たちも一様に感激の表情を見せる。10時間、日本を見つめ直し、自分と向かい合ったことへのご褒美と言ってもいい。
渋谷のスクランブル交差点の写真を映写し、「活気ある日本の歪み」であると喝破した生徒もいた。スカイツリーに主役を奪われた東京タワーを擬人化して、次のような歌詞を考えた生徒もいた。
後輩の無礼腹立つ
平成の不況むかつく
大人たちは無責任
未来のことは知らない
「さとり世代」と呼ばれることへの反論として、「努力をしても報われない社会」を批判する歌詞もあった。高度成長期やバブルを知っている大人たちは「努力は必ず報われる」と言うけれど、それは自分たちの努力の結果ではなくて、右肩上がりの経済成長のおかげだったのではないかという痛烈な批判が込められている。
■ウソっぽい明るさは嫌だ
はっきり言って暗い歌詞ばかりだ。「日本」というより「自分」が多分に反映されている。思春期ならではの疑問、怒り、迷い、葛藤、不安……があからさまに表現される。もしかしたら、自画像を描くことに似ているのかもしれない。
西島さんは、生徒たちを指して「君たちは将来の日本を背負う人たちです。新しい言葉を紡いでいってほしい。いつかこの授業を思い出してくれればいいと思います」と授業を結んだ。
発表の後、数人の生徒に聞いてみた。
「かなり批判的、風刺的な歌が多かったように思うんだけど」
「ウソっぽい明るさは嫌だなと思って……」
その答えを、「真剣に生きている証拠」と西島さんは評する。
------------------------
以上引用



真鍋一郎