2020年 大学入試改革の行方

・・・・・・・・・・・
「2020年からの教師問題」・「2020年の大学入試問題」  石川一郎著 より抜粋
○2014年12月22日 文部省 中央教育審議会
・「新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革について」とい答申が取りまとめられた。
簡単にいうと、「社会に出てから活躍できる人材を育てるため、大学の教育を変える、高校の教育も変える、大学の入試も変える」ということです。
・各大学に対して、下記の内容を明らかにするよう求められています。
 ・「どのような方針で学生を受け入れるのか・・・・・・・・・・・アドミッションポリシー
 ・どのような資質・能力を持った人材を育てたいのか・・・・ディプロマポリシー
 ・そのためにはどのような教育内容がふさわしいのか・・・カリキュラムポリシー
→要するに大学教育は、入り口から出口まで全体の教育改革が求められている。
・高校教育に対しては、知識詰め込み型の授業から脱却し、主体的・対話的な深い学びをすることによって、文部省が新たに重要視している「学力の3要素」を備えた人材を育成することが求められている。
★学力3要素(文部省が定めた教育目標)
 ・十分な知識・技能
 ・それらを基盤として答えが一つに定まらない問題に自ら解を見出していく思考力・判断力・表現力の能力
 ・これらの基になる主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
と定義している。
*当然のことながら、小学校・中学校・高等学校にも、この教育改革の影響が出てきます。
*2020年に大学入試が変わるとなると、2016年現在中学2年生の学年から新テストを受けることになる。
 →【類塾に在籍している全生徒が新テストを受けることになります。】
★学力3要素を身につけるためには
・課題解決に協働できる力
・自分の考えを表現する力
・クリエイティブ(創造的)な思考力
を生徒に身につけられるような教育が小中高教育現場で求められる。
・・・・・・・・・・・
上記を見て頂ければ分かるように
2020年の大学入試改革は、教育関係者(小~大学、塾関係者等)に驚天動地な出来事です。下手すれば、対応出来ずに職を失うかも知れないのですから。
当然のことながら、多くの教育関係者は徹底的に反対し、結果、2020年に予定されている大学入試改革は遅れていくと思われます。
しかし、全うに子供の成長、日本の行く末を憂いている学校(特に私学)や塾にとって、大学入試改革の遅れを悲しむべきことではなく、よりチャンスが広がると思っています。
その理由として
・企業は、役に立たない人材は不要という思いがますます増大。
・AIの導入による仕事の減少や秩序崩壊(不正選挙等)からますます不全が増大し、現状より、より一層、社会に出て自立する力が必要という大衆の意識潮流が増大していく。
・結果、大学入試改革が遅れたとしても行なわざるを得なくなる状況に。
・他方、反対する多くの教育関係者は、遅れることによって「実現しない」方向に思考が流れる。
→企業、社会の意識潮流と改革に反対する教育関係者の意識の乖離度がより一層大きくなる。
結果、ある時期を境に、社会は全うな学校や塾に一気に収束し、反対派の教育関係者は消滅する運命に。
「子供のために、日本のために、継続は力なり」です。がんばりましょう!



 
加藤俊治