学校はバカを作る1

「学校は考えることを教えない。」
これが学校教育最大の欠陥である。
(リンク)より引用
--------------------以下引用--------------------
近代とはどのようなものか。近代とは、村の次男や三男たちが農村を離れて都市に移り住み、その子どもたち、つまり生まれつきの職をもたない者が都市に溢れだした時に始まる。彼らを受け入れる職はあったが、教育制度はなかった。そこで、学校制度が生まれた。このとき、教育の目的は工場労働者を作ること、これしかなかった。教える内容は読み書きと簡単な計算だが、それ以上に大事だったのは時間を守ること、集団で行動することを教えることにあった。
近代初期においては、先に職業があったのであって、先に学校があったのではない。ゆえに、学校の目的は、すでにある職場に人間を労働者に改造して送り込むことにあった。。もともと無奔放で落ち着きのない子どもたちに一日中座ってじっとしていることを教える、それが学校の主な教育内容だった。現在では職の種類が多様化し、労働者を製造するだけでは不十分になってきているが、それでも学校のもともとの性質というのは変わらない。
だが、学校の最大の問題はそこにはない。近代的な学校制度の欠点とは、学校がバカを作り出すことにある。学校は考えることを教えない。教師からして考えることなど習ってこなかったのだから、思考することなど教えられるわけがない。それどころか、学校は子どもが自主的に思考するモチベーションを奪ってしまう。なぜか。そして、どういうことか。
近代以前は、人と職というのは一生のものだった。というより、家と職業が不可分のものだった。たとえば、農家なら農家を営むことが生きていく手段であって権利であり、その職を引き継いでいくことが人生の目的だった。その場合、家自体が職の場なのだから、職に関するすべての教育は家で行われる。もちろん、職についてだけではなく、生きる知恵すべてがそこでは教えられる。子どもも、自分が教わることが生活に直結しているので、教わる内容の意味もわかっている。日本の場合、読み書きを習う学校が別にあることもあったが、これは世界的に見て例外。
とにかく、近代以前は、教育とは親たちがするものだった。子どもの親だけでなく、共同体全体で子どもを育てた。これはどういうことかというと、親たちが自分の職を通じて生きていく知恵と知識を持ち合わせていて、それを子どもに教えることができていた、ということだ。今では、ある子どもの教育を大人たち全員がするという感覚は失われているが。それもそのはず、大人たちが子どもに教えられることがないからだ。なぜか。
それは、近代的な都市生活では、人が働く内容になんの知恵も必要なくなったからだ。工場で働くような場合、仕事内容で人間形成されるということは絶対にない。ゆえに、大人が子どもに伝えられる知恵というのもなくなった。それゆえ、学校というものが登場したわけだ。学校の登場のあと、大人は子どもに教えることをやめた。教育のすべてを大人は放棄し、その結果、料理でさえも料理教室で習わないといけなくなった。大人は子どもに教える義務から開放された代わりに、矮小になり、空洞になり、威厳と高貴さを失った。
ところが、その当の学校では、すでに発見された知識を子どもに教えるだけで、その知識になんの意味があるのか、というようなことまでは教えない。数学なんかいい例だ。微分の意味を教わった人がどれだけいるだろうか? これでは、子どもは教わる内容に興味がわかない。学問や科学の世界は退屈なもので、意味のない知識がそこそこに整理されて並べられているものだと思ってしまう。それか、最悪なことに、与えられた問題をその意味を考えようとしないまままるでコンピューターのようにただ解くことに快感を感じる人間を量産してしまう。大学でさえそういう傾向がある。
別に日本の教育制度は間違っているとか、学校にいい教師がいないとか、そういうことをいいたいわけではない。そうではなくて、公的な教育制度そのものに、根本的な欠陥があるということを言いたいのだ。これは、フーコーなんかも言っているが、そのことの意味をちゃんと受け取っている人を見たことがない。教育の内容をどうこうすればいいというわけではなくて、制度そのものがただの権威の場となって、人から自主性と創造性を奪うのだ。
(つづく)
--------------------引用終了--------------------



松下晃典