日本の教育はどう変わる?~アクティブ・ラーニングの実践者・石川一郎さんに聞く~①

2020年に向けて改革が進む日本の教育。今後、日本の教育はどのように変わっていくのでしょうか?今回は、「アクティブ・ラーニング」や教育改革に向けて保護者がやっておくべきことなどを私立中高一貫校の学院長を務める石川一郎さんにうかがいました。
(リンク)
・:インタービューア
※:石川さん
■いまの日本の教育に足りないものはなにか?
・いつもの喫茶店「Café du cation」を出て今回お話をうかがうのは、日本の教育界で早い時期からアクティブ・ラーニングに取り組まれている石川一郎さんです。石川さんは30年間中学校と高校で教鞭をとり、2000年代の初めからは、私立の中高一貫校でアクティブ・ラーニングを実践されるようになりました。
・アクティブ・ラーニングというと、2020年に向けて行われる教育改革の話題と併せてよく取り上げられる指導法のことですよね。
※はい。そのとおりです。文部科学省では「教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法の総称。学修者が能動的に学修することによって、認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る。発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習等が含まれるが、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク 等も有効なアクティブ・ラーニングの方法である」(※)と定義しています。
・教員として生徒さんたちに勉強を教えるなかで感じた、「日本の教育はこのままでいいのか」という思いが、アクティブ・ラーニングに取り組むきっかけになりました。
・渡米されてアメリカの教育現場も研究されたそうですね。
※はい。アメリカの教育現場で着目したのが、「クリティカル・シンキング(批判的思考)」や「クリエイティブ・シンキング(創造的思考)」といった考え方です。それまでの日本の教育は、単純な知識やテストの解法パターンを教えることが中心で、論理的な考え方や表現の方法を教える機会がありませんでした。
・アメリカで見てきたものを、こんどは日本の教育にも取り組みたいとお考えになり、実践的な挑戦を続けてこられたんですね。
・論理的な思考を身につけるための指導がアクティブ・ラーニングということでしょうか?
※実際の授業にたとえると論理的な思考とアクティブ・ラーニングの結びつきがわかりやすくなるかもしれません。たとえば、歴史の授業で「応仁の乱」について扱う場合、まず学ぶのは複雑な人間関係と何年にどんなことがあったのかという知識の部分だと思います。次に問われるのは「応仁の乱はなぜ起きたか」「応仁の乱はどういう出来事か」という知識を組み合わせたり、あるいは要約して答える問題ですね。アメリカではここから一歩進んだ本質的な質問を生徒さんに投げかけます。たとえば「応仁の乱はどうやったら防げたか?」という問いです。
・その質問の答えを考えるのはおもしろそうですね!
※ある意味、究極の問いですよね。複雑な人間関係のなかで起きた応仁の乱のような長期的な争いは、実際の社会でも起きかねません。同じような争いが起こったときに「構造的にどこを変えれば争いが防げるのか?」というふうに正解のない問いの答えを考えていくことが、クリティカルでクリエイティブな思考なんです。
・社会に出ると正解のない課題というものは日々出てきますね。確かにそういった考え方はお子さんたちの「生きていく力」につながりそうです。
※はい。こうしたアクティブ・ラーニングに生徒さん1人ひとりが意欲を持って取り組むためには、さきほど説明したような「正解のない問い」が有効だと考えています。
~②へ続く~




A.i