「夏休み10日間」への短縮は日本を衰退させる

学校の子どもに対する拘束がますます強まりつつあります。
夏休みの様々な体験は、大人になっても眩しい思い出として心に残り続けます。
そんな貴重な時間をつかい、机に向かって勉強し続ける。そんなありえないようなことが制度化されようとしています。
*******************************
夏休みを目前にした7月15日に、耳を疑うようなニュースが報じられました。静岡県吉田町が、教員の長時間労働の解消のため、2018年度から町立小・中学校の夏休みを最短で10日間にし、春・冬休みについても合わせて3日間短縮するというのです。休みを減らして授業できる日数を増やすことで、1日6時限まである時間割がなくなり、4~5時限まででおさまるようにするとのこと。教員は翌日の授業準備の時間が確保でき、子どもの学力向上にもつながるとのことです。
子どもの身にもなってください。テレビでは海やレジャー施設で遊びまくる子どもたちの様子が映し出され、日本中が夏休みを謳歌している中で、自分たちだけがいつものように学校で勉強しなくてはならないのです。
■やりたいことに没頭できた世代が活躍している
今、日本では、子どもの頃に自分のやりたいことに没頭することができたゆとり世代の人たちが、大活躍しています。スポーツでは浅田真央入江陵介香川真司田中将大。また、音楽やバレエなどの国際コンクールでもゆとり世代の日本人たちが良い成績をあげています。ビジネスでもゆとり世代の若い起業家たちが続々と誕生しつつあります。学校の授業時間数が減り、土日が休みになり、宿題も減り、学校に拘束される時間が減ったことで、その分、学校以外の場所で自分のとがった才能を伸ばす時間が十分に持てたことが大きいのです。
なぜ、このように子どもの頃から追いまくられなければならないのでしょうか?もう一度よく考えてみる必要があるのではないでしょうか?
*******************************



匿名希望