学校に通う意味って?不登校になる子ども甘えどころか、実は有能なのでは? ①

(リンク)
不登校になる子というのがいるが、不登校というのは世間的にイメージがよくないし、それもあってか、大人はその子どもを学校に行かせようとするケースが多いように思います。不登校は甘えとか言われることもありますから。ここで言う大人というのは教師や親ですね。学校に行かせないとマズイと思うのでしょうね。小学校、中学校、高校あたりに行かないと、なんていうか、「普通の人生」を送りづらくなりますね。その普通の人生っていうのが素晴らしいか?どうかはともかく、多くの大人は普通の人生を歩むことを想定するするのでしょう。だから、学校に行かないと、それが達成困難になるから、学校に行かないといけないという雰囲気にさせてくる。
学校に行かないと困るか?っていうと、困るという見方はできなくはない。しかし、不登校の場合はちょっと事情が違う。学校に行くことが困るという判断を子どもがしている。その状況で学校に行く意味はあるのだろうか?もっと言うと、この状況で学校に行かせて、何の解決になるのだろうか。イケダハヤト氏の「ちきりん「学校は不利な人をより不利にする場所」 イケハヤ「まだ不登校で消耗してるの?」 : まだ東京で消耗してるの?」というブログのエントリーに以下のようなことが書いてあります。
 
>直感的にいって、「不登校」が、なぜ「問題」になるのかがわからないんですよ。
「こどもが不登校」になると、なんか絶望するじゃないですか、多くの親って。なんで絶望するんでしょ?何が「問題」なんですか?
デストロイヤー・イケダハヤトとしては、学校の価値を、もっと落とさないとダメなんだろうなぁ、と思っています。 学校なんて趣味のサークルみたいなもんです。学校なんて大したものじゃないし、あそこに入り浸ると「自分の頭で考える」能力が失われています。
なんでみんな、そんなにこだわるんでしょうね。 まずは日本社会に、「まだ不登校で消耗してるの?」と伝えたいですね。 消耗している人多いじゃないですか。ほんと生産的じゃないなぁ、と思います。 勝手に「問題」を作り上げて、こどもを、親を、無駄に追い込んでどうするんでしょ?
それ、そもそも問題じゃないですよ。 学校なんて、真面目に通っても特にいいことありませんから。 それどころか、害にすらなりますよ。無理やり学校に通わせる方が、よっぽど「問題」です。



鎌田華菜