学びとは“没頭”である。もう「学校」は必要ない。①

堀江貴文さんの新刊、『すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~』
学校教育という洗脳を解くための一冊。“学校の正体とは?”
*********************************
【学校は「常識」を植え付けるためにある】
既存の教育を洗脳と呼び、そこから抜け出すことを推奨されているホリエモン
本書の冒頭で、その「洗脳」のイメージをつかみやすくするために、宗教団体・オウム真理教のことを書かれているんですね。
でもって、「洗脳は悪い人たちによる特別な行為で、”常識的” に暮らしている自分とは関係のないものだ」と思っているのならそれは大違いだ。と。これ、ほんと、その通りです。
学校に行くのはあたりまえと思っていた方(親)のお子さんが不登校になって、いまは不登校から解放された親御さんなら「うん、うん」と頷かれるかとおもう、あの、学校信仰ですよ。
子どもが不登校になってくれなかったら、気づけなかったとおもう、あの学校信仰。
気づいたあとも、あれ、最強のボンドでくっついてるもんだから、そうは簡単に剥がせなくてね……。
厄介すぎる あの、国家ぐるみで行われている あの、学校信仰…… 洗脳。
残念ながら、普通に暮らしている限り、「常識」という教義の危険性に気づく機会は少ない。それは「常識」の洗脳が、国家ぐるみで行われているからだ。国家は、全国に4万6000箇所もの “出先機関” を設け、この国で暮らす人たちすべてをその魔の手にかけている。
その出先機関とは、「学校」だ。
「やりたいことを我慢し、自分にブレーキをかけ、自分の可能性に蓋をすることを推奨する恐ろしい洗脳が、白昼堂々なされているのが今の学校なのだ」と堀江貴文さんは言い捨てます。
彼らはなぜ、誰を、どのように洗脳しようとしているのか?
どうして学校に行かなきゃいけないのか?
それらを知ることが、洗脳から逃れる第一歩になるはずだと願って、わたしたちを洗脳した「学校」の正体に迫られます。
【「国つくり」のための学校】
学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題 の記事でわたしは、学校教育が掲げている目標は、個の尊厳ではなく、国家が望む人間になるように、国が定めた規格品に適合させることだと書きました。
このことを本書は、「使いやすい労働者」を大量生産する工場 と小見出しをうって、さらに詳しく書かれています。
何箇所かの講演先でお話しさせてもらった産業革命時代につくられた「国つくり」のための学校のことも、堀江さんは平たく審らかにされていて、学校で教えられた常識がいかなるものか、手に取るように読めるかとおもいます。
子どもは人格的に完成していない。だから「あるべき人間像」としての道徳を教え、「完成」に導かなければいけない……日本の学校教育の芯にあるのはこうした考え方だ。一方では子どもたちの人権を語りながら、もう一方では子どもたちを未熟で不完全な存在として断じている。学校が嫌な場所になるのも当然のことだ。
★結局、軍国時代に基礎が築かれた教育システムというのは、人を鞭打ち、「お前は半人前だ。早く一人前の軍人になって、戦えるようになれ」とけしかけるものでしかない。そしてこの21世紀になっても、大半の学校は、当時のシステムを考えなしに踏襲している。
情報化社会になってる21世紀に、学校だけが未だ産業社会でいます。まるで 明治18年(1885年)の亡霊を連れた教育亡国 です。
子どもたちを一箇所に集め、同じ時間、同じカリキュラムで、同じ教科書によって、たったひとつだけ用意した小さくて狭い枠のなかに無理やり押し込めようとしますが、そんなものに洗脳される使命はありません。
学校という教育の場から教育を追い出して、子ども「を」生きられない世界に変えてしまった……。
堀江さんは言われます。もう「学校」は必要ない と。
                         ②へ続く・・・
リンクより




井垣義稀