進む産学&地域連携~上場企業の本店が、大学敷地内に移転

リンクより引用
///////////////////////////////////////////////////////////////////
ソフトウエア開発のオプティム(本店・佐賀市、菅谷俊二社長)は、最先端技術の研究・情報発信拠点「オプティム・イノベーションパーク」を佐賀大学本庄キャンパス(同市本庄町)に10月20日に開設する。IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、ロボットの共同研究を推進し、新たなビジネスモデルを構築していく。
 オプティムと佐賀大学は2015年の農業IT化を皮切りに、医療やノリ養殖に最先端技術を取り入れて生産性を上げる研究に取り組んできた。
 今回、研究開発施設やドローンの実証実験場を大学内に新たに設け、教員や学生との連携を強化し、人材育成、新産業の創出につなげる。大学近くにあったオプティムの本店もパーク内に移転する。国立大学内に東証1部上場企業が本店を構えるケースは国内で例がないという。
 パーク内には、IoTやAIなどの技術やサービスに触れられるパビリオン(展示場)、IT農業で栽培した野菜などを使った料理を提供するカフェも併設する。地元の住民や子供たちが最先端技術に触れてもらう機会をつくるという。
 佐賀大学の学術研究協力部は「学内に施設ができることで、共同研究がより進めやすくなる。移動時間が短縮でき、教員と膝をつき合わせて議論ができる」と効果を期待し、「互いの強みを生かしながら、佐賀発の新しい技術を発信していきたい」と展望する。
 オプティム広報は「地域と先端技術が融合したイノベーションの起点になる。佐賀から第4次産業革命を起こしていきたい」と抱負を語った。
///////////////////////////////////////////////////////////////////
リンク
///////////////////////////////////////////////////////////////////
同社代表取締役社長である菅谷俊二氏が、佐賀大学在学中である2000年に設立したオプティム。2006年には東京オフィスを本社化、2015年10月には東京証券取引所 第一部へと市場変更を行っている。
佐賀大学とは、AIやIoTを活用した経済効果予測、農薬自動散布を実現する「アグリドローン」、ハウス内作物の全天球画像分析ロボット「アグリクローラー」、生産者情報や生産工程、栄養価などやさいの個性を二次元コードに埋め込む「スマートやさい」、ノリ養殖におけるAI/IoT/Robotの活用やAI・IoT技術を医療現場の課題に対して効率的かつ効果的な医療を実施するための「メディカル・イノベーション研究所」設立など、産学連携を広く実践している。
佐賀大学本庄キャンパス内に設立されるオプティム・イノベーションパーク、オプティム・ヘッドクォータービルには、パートナー企業のサービスや技術を紹介する"オプティムAI・IoT・ロボットパビリオン"や地元の農業法人と運営する「オプティム・カフェ」などの施設も備わる予定。ドローンやロボティクスの研究開発を行う「オプティム・ロボティクスラボ」や「オプティム・ドローンランド」なども併設される予定で、佐賀大学と共同研究もこれまで以上に進められるようになる。
同社は新たなビジネスモデルを創出し、九州、日本そして世界への展開を目指すとしている。
///////////////////////////////////////////////////////////////////





根木貴大