なぜ、日本の若者の投票率は低いのか?スウェーデンと比較してわかったこと

18歳選挙権」が導入され、2度目の全国規模の国政選挙となる衆院選が10月22日に投開票される。初回、2016年の参院選では、盛んな呼びかけにもかかわらず18歳と19歳の合計投票率は46.78%と低水準だった。一方、スウェーデンの国政選挙(2014年)の30歳未満の若年層の投票率は81.3%。同じ年の日本の衆院選の若年層投票率は32.6%と大きな差がある。
なぜこのような差があるのだろうか?
スウェーデンの若者の高い投票率を引き出している教育に着目する、明治大学の鈴木教授のインタービュー記事(リンク)よると、次のような大きな違いがあるという。
【日本の場合】
18歳で選挙権が付与されることになったが、投票に行く、行かないの前にそもそも政党のことを知らない。まぜなら、教育で教えていないから。例えば「右」とか「左」って何?っていうことさえ。教育ではタブーとなっている。現実ではなく、一般的な制度しか教えない。
スウェーデンの場合】
高校に各政党の若者組織の関係者がやってくる授業もある。若者目線で「自分たちの政党はこういうことを言っている」というのを解説する。基本的に政党が学校に来ることを悪いことだとは考えていない。幼稚園から既に「社会に物申す」教育が始まっていて、それも、全て民主主義の練習であるという枠組みの中でやらせている。
 どうも日本の学校は、子供たちをなるべく政治から遠ざけ、政治への関心が薄く、政治のことを考えない人間の育成目指しているようだ。これはでいつまでたっても政治が変わらないのは当然。政治を変えるには、まず学校制度から変える必要があるようだ。匿名希望



斎藤幸雄