外国人英語講師から見た、日本の学校が欧米とは違うところ20選 1

こうして見ると日本の特殊性が分かります。いいところもあれば軍隊起源に起因するところもある。起源を遡ってみるとおもしろそうです。
( リンク )より引用
-------------------以下引用-------------------
日本にやってきた外国人先生たちは、日本の学校や教育制度、教員の職場環境、日本の学生たちをどのように見ているのでしょうか?そこで今回は、日本で英語講師をした経験のあるポーランド人マイケルが書いた「日本の学校が欧米とは違うところ」を20紹介します。
学生
1通学方法
欧米の小・中学校のように、日本にはスクールバスというものがありません。子どもたちだけで歩いて(もしくは自転車で)通学するというのは、欧米人には驚きのようです。海外では、登下校時の交通事故や誘拐などを避ける目的で、スクールバスを導入している国が多いですが、日本では児童の通学が困難なところ(主に僻地)にのみ導入している地域がほとんどです。
2入試と塾
いい就職をしたければ、いい大学をでること。いい大学に入りたかったら、大学入試に合格すること。大学への進学率は高校の偏差値によって変わるので、進学率の高い高校に入るには、高校入試で競争に勝たなければならない…というのが、現在の日本の教育システムです。そのため、中学生になって塾に通い始める生徒が日本では非常に多いです。
受験が厳しいアジア圏では塾に通う中学生というのは普通ですが、「真剣に勉強をするのは高校生から」というパターンが一般的な欧米人からすると、小中学生の受験戦争は厳しすぎるように映るようです。
3授業態度
海外の人がイメージする「日本の学校」というのは、静かで勉強熱心、規律正しく、権力者を敬う学生たちを想像する人が多いそうですが、実際はそうでもないと言います。静かで利口な子もいれば、うるさく落ち着きのない子もいて、授業態度という点では欧米も日本も、あまり変わりはないようです。
マイケルいわく、日本では憲法26条で教育を受ける権利を規定しているため、教師はいかなる理由であっても生徒を教室の外に追い出すことはできないと言っています。また、どこからが「授業態度が悪い」と見なされるかにも国際間で違いがあり、日本人英語講師(JET)は居眠りをしている学生を注意することが多いですが、外国人講師は全く気にならないそうです。ここらへんに、子どもに対する考え方や個人主義集団主義の違いなども反映されているようで、面白いですね。
4進級は誰でも可能
外国人講師が日本の教育システムで最も驚くことといえば、小中学生に留年がないことです。明らかに他の生徒よりも成績が悪く、授業にもついていけていない生徒でも、出席回数が少なすぎる生徒でも、全員自動的に進級できるという点に疑問を持つそうです。
欧米では、「悪い点ばかり取っていると留年させられるかもしれない」という不安感が小さな頃からあり、これが原動力となって勉強してきたという人が多いです。ですから、欧米から来たALTの先生たちは、「どんなに勉強しなくても留年しない日本の制度」にとても戸惑うのだとか。留年がない代わりに高校受験があるので、結局はどちらにせよ「勉強しなくてはいけない」ことには変わりがないのですが…。
教師
5職員室
日本では教師が授業の準備をしたり、仕事をする場所は決まって職員室。しかし、英語圏の学校には職員室がなく、教科ごとに教室が集まっており、先生の部屋はそれぞれの教科の建物や階に付属しています。先生が基本的には個別の部屋をもって、授業間の移動のロスを省き、「生徒が移動する」ことによって、授業に必要な準備も合理的にできる仕組みになっています。
海外にはない職員室ですが、外国人の先生には意外とウケが良く、生徒やクラスのことを他の先生と相談しやすく、連絡事項が全員に行き渡りやすく、日常的にコミュニケーションがとりやすい環境になっているところが素晴らしいのだそうです。
6人事異動
欧米の学校の先生たちは自分の地元の学校で働くと言う人が多く、職員の異動はあくまで本人の意思によるものです。しかし、日本の教員は都道府県の教育委員会の指令で人事異動がなされます。日本でころころと学校を異動させられる先生もいれば、何十年も同じ学校で働く先生もいるのはこのためで、先生によってばらつきがあります。
(つづく)
-------------------引用終了-------------------





松下晃典