教育における現状問題と解決策とは?

現状問題の解決索を紹介します。
リンク
現在の主な教育問題について
教育問題において、まず子ども自身の問題が挙げられます。
内部的要因である、いじめや不登校、非行などをはじめとして、校内暴力や学級崩壊などがあります。
学力低下や受験戦争、活字離れなどもこれらの問題と同類とみなされます。
これらに加えて、外部的要因として都市化や少子高齢化も深く関係しており、ツールの発展と共に学校裏サイトやラインいじめなどの問題も関わってきています。
つまり、時代と共にその詳細や実状に変化があるほか、地域差の存在も指摘されているのです。
学校教育制度自体の問題も、教育問題としては非常に深刻です。管理教育や詰め込み教育などの問題は、頻繁に取り上げられています。
校則による画一化による悪影響も、メディアなどで取り上げられる機会が多くありました。受験やそれに伴う学力差の発生、学歴主義なども広く知られています。
大学倒産時代をはじめとして、家庭の経済状況による教育の差や、公費負担の問題も軽視できないところにあるのです。
教育問題における社会の視線について
教育現場における問題は、社会においても非常に大きな比重を占めるため、多くの人が様々な意見を有しています。
日本は中学校までを義務教育化しており、更に高校進学も非常に多くの子どもが選択するため、教育問題における関心は強くなっています。
そのため、多様な立場の人から、様々な意見や説が飛び交っており、改善策や打開策の案を含め、一朝一夕に扱えるものばかりではないのが現実です。
たとえば、その数の増加と原因が、教育現場でも非常に深刻なものとして扱われている「不登校」についてです。
文部科学省による定義としては、「長期間に及ぶ理由がない欠席」を「不登校」として扱っています。
しかし、実際に「不登校」の状態に至る子どもの中には、様々な理由を抱えている者が少なくありません。
学力や受験における悩みをはじめとして、家庭環境や学校でのいじめ、学級崩壊などが原因となっている場合もあります。
このような状態になると、決して「不登校」に「理由がない」と言い切ることは出来ず、改善策においても大きな問題が生じるという意見が多数挙がります。金銭面における問題も、根強く残っています。
OECDに加盟している世界29か国の高等教育への直接公共支出金額を、国内総生産における割合に反映させてみると、平均が1パーセントであるのに対して、日本はその半分の0.5パーセントにとどまっています。
これは日本では教育における公共支出の比率が少なく、学業サポートが受けられない子どもの多さを物語っているのです。
教育問題のひとつとして、地域の体制づくりが挙げられることは少なくありません。
たとえば、完全学校5日制や、総合学習の体制が導入されていく中においては、開かれた学校づくりと、特色ある学校づくりが求められています。
しかし、これらを実現するためには、保護者をはじめとして、地域住民の学校運営への協力、参加、支援を欠かすことは出来ません。児童館や学童保育等の対応も必要です。
しかし、これらの整備には地域差があり、部活動の在り方をはじめとして、指導者側の負担にも繋がっています。
教育問題の発生と背景検討の必要性
教育における問題が、時代と共に変質し、多様化している現実は否めません。あるときは学級内での対応が求められ、またあるときは家庭内での問題解決が求められます。
学外組織に対応が求められる場合であっても、地域の教育委員会に行く場合もあれば、国家レベルで対応策を進めなくてはいけない場合もあります。
多様化してくる問題に、よりスムーズに対応できるように、対処プロセスの整備化が求められています。
また、問題解決と同時に、子どものケアを進められる仕組みを作るべきではないでしょうか。
学校単位のカウンセラーの派遣や、より学びやすい環境の整備を、早急に行う必要があります。
教育現場における問題を解決するためには、早急かつ的確な対処が必要になります。
ステレオタイプな対応案だけではなく、日々変化する教育現場の現状を正確に把握した上で、正しい対処法を提案し、よりスムーズなスタイルで体系化することが求められているのです。
これは、子ども自身の問題や、学校の教育制度そのものの問題など、シチュエーションが変わっても同様のことです。
一部に負担がかかった問題解決ではなく、誰もが安心して教育を受け、携われるようにする必要があるのです。




大越菜央