子供達が安心して、自分にあった場所を自由に選択できる社会作りを望む

学校って必要なの?ということに対して私はどちらでもよいと思っている。
「学校にいくべき」「学校に行かずとも、学べる」といった両極端な意見がとびっかっているが、その話をするならば、頭をリセットする必要性があるのではないかと思う。
そもそも「学校にいくべき」と回答する人は学校に対し、好意的感情があり、充実した学校生活を送っている為、こういった言葉がでてくる。
私は思い返してみれば私自身の人生においては学校に行ってよかったと思っている。少なくとも小、中、高、どの学校生活も仲間や先生に恵まれ、一生の宝を得たと心から思っている為である。
もちろん、役に立たない勉強や変な教師もいたことは事実としてあるが、そんなことはどうにでもなると考える。役に立たないと思うなら、やらなければいい。気に食わない教師がいたら、辞めさせればいいという考えのもと、学校生活は与えられたものではなく、自分でどう楽しめるかを考え行動した結果が満足のいく学校生活になったと言える。
「学校に行かずとも、学べる」と回答した人は学校に対し、何かしらの反発心や不全、学歴における劣等感、人間関係などさまざまな要因をもとに悩み、それを完全に共有できる仲間や先生にめぐりあうことができず、自分自身で学校生活を変えることが出来なかった為、学校を去るという選択肢に至っていると思う。
学校に行かなくなるというという選択を取ったとしても、少なくとも周りを変える努力をした結果なのならば、仕方が無いことだとは思う。
しかし、学校に行く、行かなくても良いなどのさまざまな回答がある中で、どうも不思議でならない、不に落ちない話を良く耳にする。
学校は役に立たない。学校は意味のないもの。学校は子供達をダメにしている。学歴進行はすでに崩壊した。学歴で採用する社会ではなくなってきている。
この意見はわかる。こういった意見があってもしょうがないこと。人それぞれ考え方はあるし、学校に行かずとも偉くなる人物だってたくさんいる。人によりあう、あわないがあると思うし、学校がすべてだとは私も思わない。
しかし、ではなぜ履歴書で学歴を記入する欄がいまだにまったく消えないのであろうか?新しい人材が入ってくる際、「○○学校を出ている人」「○○大学を出ているからこれに強いであろう」などの言葉が飛び交うのであろうか?
疑問ばかりの世の中である。
本当に心から不必要と考えているのであれば、そういった言葉が出るわけも無い。
なぜなら、人を見る際に「○○学校を卒業している」という言葉こそ固定概念が生まれ、その人の本質が見抜けにくくなるのは間違いないからである。
つまり、この社会の縮図そのものが表層的に人の良し悪しを決める材料として学校、学歴という物差しを使い、判断する社会の流れを作りだしてしまっているのだと思う。
この社会である以上は学校がなくなることはまずありえないことだと私は考える。
学校に行く。またはフリースクールのようなところで学ぶ。
いずれにしても、子供達が安心して、自分にあった場所を自由に選択できる社会と、その選択した結果を大人達は偏見の目で見るのではなく、本質を掴み、ひとりの人物としてどう見るかを大切にしなければならないと私は考える。





村井直道