家族4人が不登校 「“学校”をつくりたい」という夢のために動き始めた17歳 ①

本人も含めた家族4人が不登校という環境から、中学での不登校生対応前向きになり、生徒の気持ちを置き去りにしてスケジュールを優先する修学旅行に違和感を持ったことから「“学校”をつくりたい」という夢を持ち、今では教職員向けの研修プログラムで教壇に立つ高校生の紹介がありました。
***********************
リンク
「母もきょうだい4人も私も不登校」 17歳少女が伝えたいこと
 熊本市内の中学校で教職員向けの研修プログラムで教壇に立つのは、通信制高校に通う成毛侑瑠樺さん(なるげ・うるか/17歳)。小学3年生から不登校になり、いまは「“学校”をつくりたい」という夢のために動き始めた。どんな学校を求めているのか。教師たち、大人たちに伝えたいことは何なのか。全国不登校新聞の編集長・石井志昂さんが聞いた。
*  *  *
――まずは成毛さんが不登校になった理由から聞かせてください。
 すごくふつうの不登校だったと思います。
 私の記憶では不登校の始まりは小学校3年生です。学校へ行きたくない私は、毎朝のように泣いてわめいて親に引きずられて……という日をくり返していました。それ自体は多くの不登校家庭と同じだと思いますが、少し変わっているのは、私がわが家で3人目の不登校だったということです。ひとりは4歳年上の兄ですし、もうひとりは母です。
――え? お母さんも不登校だったんですか。
 母は学生時代、不登校だったそうなんです。不登校だったからこそ、子どもたちには「学校で楽しい思いをさせてあげたかった」と思っていたそうです。
 その後は私も含め家族5人、みんな不登校になりました。母も最近では「不登校はうちの文化」だとまわりに話しているそうです。母は学校へ行く、行かないを問題にするのではなく「自分自身がどうするかが一番大事だよ」というスタンスで私たちと向き合ってくれていると感じています。
――なるほど。そんな成毛さんは「学校をつくること」が夢だそうですね。
 はい。正確に言えば「公教育の場を整備したい」というのが私の夢です。私立学校をつくりたいとか、フリースクールをつくりたいということではなく、公教育全体を変えたいというのが私の夢です。
 というのも出会ってきた先生たちのなかには「どう学校へ行かせるか」ばかりを考えていて「不登校した人の気持ちを見れていないのでは」と感じる人もいました。
 背景には先生の勤務状況が過重労働であるとか、公教育全体が閉ざされているなどの指摘も聞いています。でも、もっと学校という場はよくなるし、よりよいかたちを考えられるのではないかと思っています。
――“公教育の場を整備したい”という夢を持つ直接のきっかけはなんだったのでしょうか?
 中学校で別室登校をしていたことと修学旅行がきっかけでした。




坂本伸一