“社会難民化”する不登校児20万人のリアル。「不登校」こそ最善の選択肢かも

“社会難民化”する不登校児20万人のリアル
不登校児がこの25年間で2.5倍近くも増えている。
記事は「Rakuten News」
リンク から引用
>>文部科学省平成28年度の調査によりますと、小・中学生の長期欠席している児童・生徒が20万7600人に達していることが明らかになりました。
そのうち不登校者数は13万人。さらに出席日数の半分にあたる90日以上の長期欠席者は7万2千人です。
児童・生徒の不登校者の数は、平成5年以降増加傾向にあり、小学生で全体の0.17%だったのが0.42%と2.5倍増、中学生は1.24%から2.83%と2.3倍増えています。
なぜ、こんなにも不登校児が増えてしまったのか?<<
☆原因は「学校生活は軍事教練。日常全てが考えないための訓練になっている」。リンク にあるように
じつは今の学校制度そのものに原因があるのです。
そこに気付けば、むしろ「不登校」こそ最善・最先端の選択ということもあり得ます。




荘家為蔵