スウェーデンの教育について

スウェーデンの教育について
リンク
ーーーーーーーーーーーーーー
日本の公教育と比較
日本と比べると勉強の時間数が少ないようです。できなければいけないことが、文化の違いからでしょうか、少ないように思います。
また、日本では先生が一方的にお話する授業が多いのですが、こちらの小学生は興味が湧くような色とりどりの教科書兼ワークブックで、それぞれのペースで自習をしていることが多いようです。
ただ、最終的に習得できなければならない項目はあり、時々チェックされますが、それ以上になるのは全く個人の能力ややる気により自由といったかんじです。
教室の雰囲気も大きく違います。教員と生徒はお互い、名前で呼び合っています。ヘイ、アンナ!ヘイ、ルーカ!というように。男女間はもちろんのこと、平等であるということは大変重要なことのようです。
社会教育制度の柔軟性
どんなに年齢を重ねていても、国からお金を借りて大学やその他の学校で勉強することは自由なのです。
また、外国人でも、申し込んで受け入れてもらえれば同じ条件で勉強できます。
外国人が職を得ようとするならば、スウェーデン語はできたほうがよいように思います。私が留学する場合でも、日本の大学在学中に人民高等学校(ヨンショピン市にあるSodravatterbyggdens Folkhogskola)の校長先生あてに自己紹介文を書き入学希望の旨を伝えると、そのまま入学が認められました。
その時、簡単に入れるものだなあと思ったものです。1994年のことですから今どうなっているかはわかりませんが、学校に問い合わせたりすることは難しことではなく、当然のこととして割と親切に助けてくれることが多いと思います。
人々の意識も、国も、大らかで人間らしいというのか、官僚的ではなく、素朴でざっくばらんな気質があるという気がします。
留学制度
スウェーデンの国民高等学校(Grimslovs Folkhogskola)で音楽と手工芸を勉強しました。
その他、高校の単位を取るための社会人のための高校でスウェーデン語を習ったり、大学のコースでは、スウェーデン語と心理学を勉強したり、また仕事を得るための基礎的な単位を取得しました。
なお、スウェーデンでは1年以内の留学生は社会保障を得られませんので、事前に日本で対策が必要かと思います。




大越菜央