不登校の時間に旅をする選択 学校・教委も受け入れたある親子の教育法①

学校の必要性が問われています。一律で教育するよりも子供のペースに合わせた勉強の方が意欲も追求力も向上しています。

学校が必要性についての議論以前に既存の流れに身を任せるだけでなくどのように生きていくのかを考えていくことが重要だとも感じます。

こちらから引用
リンク

年間30日以上学校を休んだ場合、文部科学省の定義では、おおむね「不登校」と判断される。しかし、秋田県に住むNPO法人代表の松浦真さん(36)の長男の駿くん(9)は、あえて小学校を年70~100日欠席し、全国出張のある父親の仕事に帯同して自分のペースで学ぶ。松浦家の教育方針を学校や教育委員会も受け入れている。

秋田県五城目町(ごじょうめまち)に住む松浦さん一家の長男・駿くんは、町内唯一の小学校、五城目小学校の3年生。ただ、その通い方はかなり特殊だ。自宅で勉強したいときには自分で学校に電話をし、欠席する。その時間を使って図書館へ行って読書に没頭したり、自宅で自習をしたりする。

また、全国出張のある父親の真さんに家族で帯同し、1~2か月、まとめて学校を休むこともある。2017年12月中旬から2018年1月の約1か月、松浦一家は学校を休んで、全国を転々としていた。自治体などに向けた教育プログラム開発を手がける真さんの仕事は、大阪や香川、東京など全国各地で打ち合わせが生じる。そこに駿くんや長女の千尋ちゃん(6)はいつもついていき、父親の仕事ぶりを見たり、現地の博物館などへ行ったりして過ごしている。

仕事で全国へ行くとき、家族は電気自動車(軽自動車)の屋根にテントをつけたオリジナルカーで移動し、暮らす。移動が長くなるときは、高速道路のパーキングエリアで一夜を明かすことが多いという。食事は車内に炊飯器を持ち込んで、ごはんを炊き、行く先々で漬物や佃煮などの「ごはんの友」を購入し、楽しむという。

取材の日、ごはんがうまく炊けないトラブルがあった。この日ごはんを炊いたのは真さんだが、駿くんは「ごはんが硬い」と顔をしかめた。旅にトラブルはつきもの。妻の智子さん(37)は、「旅で起きるトラブルにどう対処するかも立派な勉強。粘り強さを身につけてほしい」と話す。

松浦家の考え方は、学校外でする様々な体験すべてが「学び」だ。テストの点数で学力を測れるような教育だけが学びではないという。しかし、このような教育法で、学力的に大きな遅れは生じないのだろうか。

「算数は得意な教科なので、今は小学校5年生ぐらいの問題まで進んで、ドリルを自分で解いています」と話す真さん。思えば、真さんの仕事の打ち合わせの横や、パーキングエリアの空きスペースで、言われなくても算数のドリルを取り出し、勉強する駿くんの姿があった。

そのほかの教科についても、学習塾の実施する全国模試などを活用し、大きな遅れがないかチェックをしているという。自宅の壁には得意な算数の科目で、3年生レベルを終えた、とする算数検定の賞状が飾ってあった。「合格するためにたくさん勉強した」と話す駿くん。

「学校外で学ぶことのメリットは、一方的に教えられるのではなく、自主的に学んでいく姿勢を育んでいけることだ」と真さんは話している。

そもそも、なぜこのような学び方を選んだのだろうか。真さんはいくつか理由を挙げた。

「学校のペースというのが駿に合わなかった。例えば小学校は1コマの授業が45分で区切られてしまうが、駿によると、もっと学びたいな、と集中してきたころに授業が終わってしまうことがあった。また、先生の話した言葉を理解するのに、少し時間がかかる子なので、よくわからないまま、先生の『わかった?』という問いかけに『うん』と言ってしまうことがあった」

駿くん本人も理由をこう説明した。「算数の授業があるとき、私はもう答えがわかっているので、面白くないなと思って、学校に行きたくないなと思った」

一方で、真さんや智子さんは学校という場所に魅力を感じる部分も大きいのだという。

「学力を伸ばす、という点で言えば、これだけインターネットが発達した時代に、必ず学校で学ばなければならないという状況ではなくなっている。しかし、地域の歴史や文化・伝統を学ぶといった点では学校が受け継いできたものがある。また学校でなければ入れない場所に行けるといったこともある。地域とのつながりを学ぶ場として、学校に通う時間は大切にしたい」(智子さん)

こういった思いから、学校に行く時間をゼロにはしたくないと考えている松浦さん夫妻。始業式には必ず出席する、運動会などのイベントに出ると決めたら、周りへの影響も考え、運動会が終わるまでは学校に通い続ける、などと、メリハリをつけて学校に通わせている。

 

 

 

玉田 聡