ものづくり業界の脱・新卒一括採用

東京で工業高校・高専と企業のつながりが強くなっています。

大学を経ずに若い人材を確保する、ということへの関心の高まりが読み取れます。

以下、リンクより引用

***

東京都は若手ものづくり人材の育成と確保を目的とした都の奨励金制度「東京都ものづくり中小企業魅力体験(インターンシップ)受入支援事業」の規模を拡大する。中小企業が長期就業訓練で実習生を受け入れやすくするため、2018年度から奨励金を支給する期間を前年度比2倍の20日間に引き上げる。4月から葛西工業高校と多摩工業高校の2校で始まるデュアルシステム科の設置を見据え、実態に合った支援制度にする。

  奨励金制度に充てる18年度予算額は、前年度比2200万円増額の約8400万円とする方針。デュアルシステムは実習と長期就業訓練などを通じ、学校と企業が協力して生徒を育てる制度。本人と企業が合意すれば実習先に就職することもでき、就職のミスマッチも防げる。

  同奨励金制度を活用すると、都内の工業高校や高等専門学校の生徒・学生受け入れ企業は、受け入れ1日で生徒1人8000円(1人当たり10日間まで)が支給される。

  ただ、長期就業訓練期間は約1カ月間あり、10日間の支給分ではカバーできていなかった。これまでデュアルシステム科があった六郷工科高校の生徒だけでなく、4月からは葛西工業高校と多摩工業高校の2校でも同科がスタートすることも踏まえ、支給期間を20日間に延ばすことで受け入れ企業側の負担軽減と若手のモノづくり人材確保につなげることにした。

***

脱・新卒一括採用の流れが着々と大きくなってきているのではないでしょうか?

3月に就活解禁となり、各社人材の確保に苦心する状況も見えてきています。
今後、「大卒」からいち早く抜け出す事が大きな可能性になりそうです。

 

 

 

前藤思