日本にフィンランド式教育は有効か?

フィンランド式教育について
リンク

------------------------------------------------

フィンランドの教育

2003年、OECDが世界41カ国の15歳を対象に学習到達度調査(PISA)を実施した。この結果、フィンランドは、科学、問題解決能力、数学、読解力の4分野においてトップを占めた。

なお、指標としてTIMSS調査がある。これは、IEA(国際教育到達度評価学会)が行っている国際数学・理科教育調査である。教科の学力や教科書内容の基本的な知識の習得度を重視するものだ。

一方、PISA調査は、上記4分野を測定、これらの知識を実生活で直面する課題にどの程度応用して活用できるかをみるものである。

TIMSS調査で、日本はPISAより高い水準に位置し、PISA調査では読解力以外でトップクラスとなっているが、フィンランドはそう高い水準にない。

いったいフィンランドの教育と日本の教育とは何が違うのか。


教育制度および過程

フィンランドの教育制度は、1970年代以降の教育改革によって、初級(1~6年次)と中級(7~9年次)に分けられ、9年制の基礎学校が義務化された。

特筆すべきは、保育園を出た後、基礎学校入学前に1年間の未就学児学校に通うことだ。この未就学児学校は義務教育を受ける準備教育として位置づけられ、文字や数字、道徳マナーを遊びを通して学ぶ。入学は自由だ。

7歳の8月になると、子どもたちは基礎学校の初級へ入学する。正当な理由があれば、6歳でも8歳でも入学できる。授業時間は1~3年次で半日、4~9年次で4~6時限。

外国語に関しては、フィンランドの子供たちの90%は3年次から必修言語として英語を学ぶ。フィンランド公用語であるスウェーデン語を必修言語として学習する。さらに、高校ではもう一ヶ国語を選択して学ぶこともできる。

9年生になると学校ごとの教科担当教師によって教科に4~10点満点で評点がつけられる。生徒たちはその成績を見ながら、進学希望の高校を第5希望まで書いて志望校に提出して合否結果を待つ。

フィンランドでは、低学力の生徒への支援は徹底されている。成績が不本意な場合や高校入学が許可されなかった生徒は、本人の希望により、1年間、10年生として無料で教育を受けることができる。この10年生の制度は彼らに修了資格と基礎学校の成績を上げる機会があり、卒業して職業学校に入学した場合は、一年分飛び級もできる。


フィンランド教育の特徴

フィンランドの学校は、普通は2学期制だが4学期制のところもあり、年間授業日は190日ほどである。日本より40日ほど少なく世界最低の日数である。塾もなく、校外や家庭での勉強時間も低い。

フィンランドの教育の特徴については、一般に、次のような点がよく指摘されている。

平等で機会均等な教育が付与されている。
子どもが自ら考えて学ぶことを基本に据えている。
教育権限が地方自治体、学校、教師に分散されている。
授業料が小学校から大学まで無料である。
教師の質が高い。

 

 

 

 

大越菜央