ハーバードよりも難関「ミネルヴァ大学」初の日本人学生がレールを外れた原動力とは

4年間で7都市を移動しながら学ぶという全寮制の大学。講義はすべてオンラインで行われ、ディスカッション中心の授業や、企業などと協働して進めるプロジェクトを通じて課題解決の手法を学ぶ。
楽しそうだな。
-----------------------------------------------------------
ハーバードよりも難関「ミネルヴァ大学」初の日本人学生がレールを外れた原動力とは
リンク
終身雇用、年功序列というかつての常識が崩れ、「新卒で入った会社のために身を粉にして働いて、出世して、大きなローンを組んでマイホームやマイカーを買って…」という、会社が用意した「大きな物語」に従ってさえいれば幸せになれる時代は終わった、といわれます。そんなこともあってか今、自分なりの幸せとは何か、それを掴むためにはどうすればいいのかという問いに直面し、悩み、もがく人が増えてきているようにも映ります。
こうした時代の空気を(意識するともなく)いち早く感じ取ってきたのは、会社組織にどっぷりと浸かったベテラン社員以上に、若者たちなのかもしれません。そうだとすれば、「大きな物語」を信じて邁進してきた先輩社員がマネジャーという立場になった今、「若者のことが分からない」と漏らしているというのは、自然な帰結のようにも思えます。会社はもっと若者のことを知る必要があるのでしょう。
そこで今回インタビューをお願いしたのは、いまや「ハーバード以上の難関」と言われるミネルヴァ大学に、日本人学生として初めて進学した日原翔さんです。2014年創立のミネルヴァ大学はキャンパスを持たず、4年間で7都市を移動しながら学ぶという全寮制の大学。講義はすべてオンラインで行われ、ディスカッション中心の授業や、企業などと協働して進めるプロジェクトを通じて課題解決の手法を学ぶという、従来的な価値観からすると大変ユニークなカリキュラムをとっています。
有名進学校である聖光学院を中退し、まったく新しい進路をとった19歳の話から、この時代に若者は何によって突き動かされているのか、その「原動力」の正体を探ります。彼の話をそのまま若者を代表するものとして受け取るのは無理としても、既存のレールから自らの意思で大きくはみ出した彼の言葉には、この時代を理解するためのヒントがあるはずです。

●WhatよりHowを追いかけるミネルヴァ1年目の日常
●見えない未来から逆算するより、今の最適な決断を積み上げる
●周りの人からインスパイアされて、今ここにいる
●「若者」だから? レッテルを貼って遠ざけることに意味はない
-----------------------------------------------------------

 

 

 

 

匿名希望