外国人から見た日本教育の反応

現在の教育は答えを教える講義型スタイルであり、生徒は答えを知りわかったつもりでいる。
しかし理解はしていない単なる暗記。
思考が停止した生徒は答えを大量に詰め込みやがて追求することをしなくなる。やがて追求しなくなった生徒は制度圧力・強制圧力からまるで軍隊のように縛られたなかで答えを詰め込むだけの勉強をしている。

何が楽しいか???

現在の日本の教育はそんなところであり、外国人から見た日本の教育制度の反応は僕らと近しいとこがあり、改めて教育制度に対して疑問を持つ。


・「生涯働きすぎ」の人になるための洗脳教育と捉えれば、こんなに完璧なシステムはないと思う。

・日本の教育は子どもたちに「信じる」ことを教え、「考える」ことを教えない。自分で考え、壁の向こう側には何があるのか自分で理解することを教えられなければならない。

・定期試験でいい結果を出すためのプレッシャー、入学試験のプレッシャー、暗記、暗記、暗記、ひたすら暗記…。学生は「考えろ」と教育されるのではなく、ただ「繰り返せ」、「 parrot (わけもわからずに他人の言葉を繰り返すこと)」を教育される。

・欧米の学校: 批判的思考力、自立的志向を指導する

 日本の学校: 日本人へのなり方を指導する

・テストの正解が1つしかない」っていうのはおかしい。日本の学校に影響されて、最近はアメリカの学校でも試験のための勉強を教える教師が増えてきたけど、創造力を低下させるシステムだよね。

日本の教育システムは「こつこつ奴隷のように働く人」を産む


外国人からはかなり手厳しい声が多い。「受験のための勉強」に対する批判が多く、忙しすぎる学生生活や非効率的な学習指導システムを問題視する意見が目立った。
中でも日本人へのなり方を指導するは日本人のことを揶揄しており、学校教育の弊害だと感じた。


日本も一時は詰め込み教育が問題視され、ゆとり教育を採用したが、根本的な「受験戦争」がなくなったわけではなく、中身のない道徳の授業が増え、学力のみが低下するという中途半端な結果に終わってしまった。もちろん海外の教育システムをそのまま日本で採用すればうまくいくというほど単純なものではないが、今の教育制度では「子どもに考える時間を与えない」というのが一番の問題点であるように思う。

考えることを教えずに答えを教える、学校は何を目的にしているのかますますわからなくなる。社会人になってからでは遅い。
制度改革の整合性を強く感じる。

 

 

 

直永亮明