教師が決める「スクールカースト」 演じるキャラに苦しむ子たち①

(リンク

新年度も始まり、学校では始業式を迎えようとしている。どんなクラスで1年間を過ごすのか、期待と不安を抱えながら教室に向かう子も多いだろう。不登校新聞の編集長・石井志昂さんによると、現役教師たちに取材したところ、クラス替えにはルールがあることがわかったという。

*  *  *
 子どもにとって、この時期のビッグイベントと言えば「クラス替え」です。友だちやひそかに思いを寄せる子が別のクラスになってしまわないか、私もドキドキしていたことがあります。

 さてこの「クラス替え」、ある法則があるのをご存じでしょうか。複数の先生たちから聞いたところ、生徒を各クラスにわける際には以下のような法則に則って考えていました。

■クラス替えの法則
(1)各クラスの成績の偏りをなくすように配分する
(2)配慮が必要な生徒やリーダーは各クラスに均等配分する
(3)先生のひいきが生まれないように配分する

 これらの法則は、文科省の指導によるものではなく、学校または学年独自の法則です。そのため各教員で見解がバラける法則もありましたが、上記3点が「おおむね共通」しているものでした。

 具体的にどんなやり方でクラス替えをするのか、一番多かったやり方を示します。

 クラス替えを行う場合は、まず学力や運動能力に偏りが出ないようエクセルなどを用いて各クラスに全生徒を配分します。次に「リーダー候補の生徒」がいるかを確認し、クラスにいなければ他クラスから持ってきます。最後に配慮が必要な生徒を確認し、あるクラスに固まっていれば別クラスに移します。この際、「ピアノが弾ける人」を均等分配したり、「双子を分ける」などのことも考えます。

 以上が多かったやり方です。私はクラス替えにまつわるナゾが一気に晴れた気がしました。なぜ双子は同じクラスにならないのか。なぜ全クラスにピアノが弾ける人はいるのか……。あれは先生たちが「偏り」をなくすために努力していたからです。先生によっていろんな工夫がありましたが「各クラスに生徒をふり分けたあとで担当教員をくじ引きで決めて『先生のひいき』ができないようにしている」という話は「なるほど」と膝を叩きました。

■リーダー候補はなぜ必要?

 しかし私がなにより気になったのは「リーダー」です。「リーダー」がいなければ「他クラスから持ってくる」ほど必要なのはどうしてでしょうか。そして先生たちが思い描く「リーダー」とは、どんな子なのでしょうか。

 先生たちによると「リーダー」とは、クラスの「核になる子」や「雰囲気をつくる子」などです。クラスにおけるリーダーの重要性は先生によっても意見がちがいます。「リーダーの存在でクラス運営は多少、楽になる」と話す先生から、「クラスの核をどうつくるかがクラス運営で最重要の課題」とまで言う先生もいました。

 そう言えば私の同級生は「あなたがクラスを引っ張らないとダメじゃない」と先生から叱られていましたが、あれは同級生が「リーダー」に指名されていたからなのかもしれません。

 新年度前に「リーダー」を選ぶだけでなく、より踏み込んで「『明るい子』『暗い子』『どっちでもない子』の比率も同じようになるよう話し合う」という先生もいるそうです。

 そう教えてくれたのは教育社会学者・鈴木翔さんでした。私が取材したなかでも「同じようなことは当然、考える」という先生も一人だけいました。

 しかし、ここで一つの疑問が浮かび上がってきました。鈴木翔さんは「仮説ですが」と前置きしたうえで下記のように指摘しています。

「何をもって先生方が『明るい子』『暗い子』『どっちでもない子』を分類しているのかはわかりませんが、もしも前のクラスで発言権があった生徒と発言権がなかった生徒の比率を『あえて』変えないようにしているのだとしたら、構造上、どのクラスになったとしても『スクールカースト』が生じやすくなるのではないか」(2017年8月1日不登校新聞)

 

 

 

 

鎌田華菜