学校が義務である限界

誰もが学校へ行き学校で様々なことを学ぶ。
不登校の子が学校なんてと謳うと、自分を正当化しているように見えてしまうかもしれない。
客観的に学校が不要というわけではなく、強制されるものではなくなるべきだとう言うことが重要。行くか行かないかという選択肢がほしい。
その変化で日本は変わるだろう。


リンク

 

 

 

おぬこ