実は日本だけ。なぜ我が国の学生は毎日学校を掃除しているのか?

掃除をする意味って?
mag2ニュースより以下引用です 
リンク
雑巾の役目は、汚れを雑巾に移すことです。これがわかっていないと、雑巾を滑らすだけで「拭いた」つもりになります。

こんな一見「当たり前」のことが、わかっていることが大切である。自分自身を汚すことで、他をきれいにする。それが雑巾。こういうことを、一年生段階で教えるべきだということである。六年生がやってくれるから、トイレのことも、教えないと気付かないのである。

自分自身が大変な思いをすることで、他を輝かせることができる。汚れない訳にはいかない。自分だけがきれいなものを使いたいというのは「きれいなもの好き」の人間の考え方である。「きれい好き」の人間は、自分が汚れても周りをきれいにする。そして、無駄に周りを汚さない。掃除は、そういうことも気付かせてくれる。

法的には毎日やる必要がない。しかし、やはり、意味がある。日誌を書かせるのと同じで、大変でも継続的にやらせたいのである。大変なことには「大きく変わる」可能性がある。

「掃除は当たり前」という考えに一石を投じてみたく、書いてみた。
引用終わり

 

 

 


志水満