塾なし・1日5分で地方公立からハーバードに合格したマル秘ノウハウ

■塾なし・1日5分で地方公立からハーバードに合格したマル秘ノウハウ
リンク

◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要! 
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!

……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4~18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の最新刊『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が発売たちまち重版となった。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか? 
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか?

■『英語で一流を育てる』著者からのメッセージ

私は、これまで3000人の子どもたちと接してきました。
その中には、こんな子が続出しています。

●18年間塾なし、小中高12年間の学費わずか50万円で、地方の公立小中高からハーバード大学へ現役合格した長女のすみれ(現在はジュリアード音楽院修士課程に在学中)。
●幼稚園年長から教室に通い始め、小2で英検準2級(高校中級程度)に合格したYくん
●小6から通い始め、英語学習経験ゼロにもかかわらず、わずか8か月で英検3級(中学卒業程度)に合格したGくん

(略)

このように、非常に短期間で、英検(実用英語技能検定文部科学省後援)に合格しているのです。しかも、大分県の一般的な普通の家庭の子ばかりです。

私は、500人の現役ハーバード大学生のエッセイを読み、140名のハーバード生に面接をし、100名のハーバード生と海外旅行をしたこともあります。

そして、ハーバード生200名リサーチを行いました。
その衝撃レポートを本書では収録していますが、家庭学習と子どもの関係はとても強く、親の愛情とサポートが子どもの自己肯定感や成功に大きく影響します。

そこで私は、1)伸びる子は学齢にかかわらず、どんどん伸ばす無学年制の英語スクール、2)世界のトップ大学生を招いて子どもたちにリーダーシップを身につけてもらうグローバル人材育成のサマースクール、3)「親力=自分磨きと情報収集と愛情の示し方」を養うワンコインセミナーを3本柱に次世代教育に取り組んでいます。

いまの日本の大学入試は一芸入試。「学力テスト」という一芸のみで入学できるからです。ただ、これからの時代、実社会ではあらゆる方面から判断されます。

決断力、リーダーシップ、ボランティア精神、異文化理解力、創造力、コミュニケーション力、かわいげ、社会貢献度、社会適応能力、エトセトラ。

国も次世代を真剣に育てる必要性から、国民の入試好きなキャラを利用して大学入試を変えてしまい、みんなの関心を一芸から多芸へと向けようと、大胆な教育改革に打って出ました。

そんな中、微力な私にできることは、2030年以降に大人として活躍する世代をいまから育てていく土台づくり、種まきです。

それには、現在、外注に重点が置かれている学習や勉強を、家庭中心に戻すこと、これが最強だと信じています。中でも、英語はとても大切。

英語を入試問題として学習する習慣をいますぐ捨て、子どもたちには、英語の3つの力……世界レベルで「情報をゲットできる力」「情報をシェアできる力」そして「価値(バリュー)を創造できる力」を身につけてもらいたいのです。

家庭でのコミュニケーションは外国語学習の要です。

堅苦しく考えずに、まずは日本語で語彙が豊富になるようにお子さんにたくさん話かけてください。
お子さんが自己肯定感をしっかり保てるように、お子さんの声や発言に全身全霊で耳を傾けてください。

このように、家庭を愛情でいっぱいにしておいてからこそ、語学学習は始まります。

言葉は人と人との関係性に密接に結びついているので、特にお子さんが小さい間は、何を言っても怒られない、自由に発言してもいい雰囲気を示してください。

恋愛と同じで、子育てはひとりではできません。
相手との相互作用で築かれていくものです。

(略)

 

 

 

 

匿名希望