今の子が不登校になる理由 ~親はどうする?~

今時の子が不登校になる理由 ~親はどうする?~(1)

リンク
--------------------------------------------------

不登校には小学生、中学生、高校生と様々な年代で各々に背景がありますが、特に中学生年代に多く見られるのが原因不明の不登校です。

 

親は子供に学校に行けない理由や行きたくない理由、原因を問いただしますが、特にこれといったものはない模様。だったら学校に行きなさい!と言いたくなるでしょうが、このケースは意外と多いのが実態です。

 

私自身、中学校の時に不登校になったのもこれとまったく同じです。原因がありませんでした。でも今になってその原因不明の正体がなんとなく分かります。


・親は正論を言う前に不登校と子供の葛藤を知ろう


理由がない&わからない不登校?原因不明の実態


原因と理由なき不登校の特徴として、以下の様なものが挙げられます。

 
•いじめじゃない
•嫌いな人がいる訳でもない
•特別何かきっかけがあった訳でもない
•なぜ学校に行きたくないか本人でもわからない
•でも体がいうことを聞かず不調がある
•学校に行こうとすると体が強い拒否反応を示す
•明日は行くと言いながら朝になると起きれない
•結局、学校に行けない

本人としてもどうすればいいかわからず、親としてもどう対応すべきか、学校の友人達や教師たちも困惑するのも特徴です。

家庭内は大混乱です。

友人もそこそこいますから心配してくれるものの、それがまたプレッシャーとなったり、とりあえず行くと言いながら翌日になると結局学校には行けなかったりします。

 

こういった不登校は怠慢やサボりではないか?という疑念

こういった子供の姿を見ていると、結局子どもが学校に行けないのは単なる怠けでサボりではないか?と言う疑念を持つでしょう。

最初のうちは無理矢理にでも学校に行かせようとしますが、どうしても引っ張ろうが叩こうが、取っ組み合いになろうが子供は一向に動きません。

サボりや怠慢かどうかは以下の項目がチェックポイントになります。子供を見ていて、当てはまるかどうかを素直に偏見なしで確認してみてください。

 
1.学校に行けていない今の状態に対して強い罪悪感を感じていますか?
2.本来は学校にいくべきだと本人が感じていますか?
3.本人はこの状態を苦しんでいるように見えますか?


もし、3つともYESであれば間違いなくサボりではありません。


不登校には無気力型や非行型など様々なタイプがありますが、この項目に全て当てはまるのであれば少なくともサボりではありません。

学校に行きたくても行けず、しかも行けない理由と原因が自分自身でもわからない状態に本人が一番戸惑っています。行きたくても行けないといのはおそらく経験者にしかわからないと思います。だって本当に、行けないんだから!

 この状態の子供に「幼稚園や小学校低学年の小さい子供でも学校に行っている」などと言葉を掛けるのは子供の心を追い詰めて苦しみをふくらませるだけ、まさに百害あって一利なしです。

 

 

 

 

門脇直輝