「いいことあるから善行しろ」は、本当の道徳の授業ではない

リンク

以下引用
--------------------------------

道徳における仮言命法定言命法 

仮言命法定言命法という言葉を初めて知った。ググってもらう方が早いかもしれないが、一応説明する。

仮言命法とは、条件付きで命じる方法である。○○すれば△△なことになるよ。だからやろう、という伝え方。良くいうと、行為の目的を予め伝えて行動を促す方法。悪くいうと、エサや脅しを用いる方法である。

定言命法とは、無条件で命じる方法である。有無を言わさぬ命令である。良くいうと、信頼できる相手の言うことを素直にきくこと。悪くいうと、絶対的権威への無思考による服従である。これは、カント哲学・倫理学の真髄であるという。

さて、考え議論する道徳は、当然前者に偏る。後者の定言命法には、考える余地も議論の余地もない。現行の道徳科の教科書を見ると、全てこちらである。


ならぬものはならぬのです、という教えは、後者である。「親父の小言」も、後者である。

さて、どちらが今の時代に欠けているのか。これは圧倒的に、後者である。

行為の理由を教えるのは大切である。ダメなことがなぜダメか、知ることもいい。しかし、エサで釣って動かすというのは、教育の本質からは外れる。

野口芳宏先生は、童話の「金の斧」の話を例に挙げられた。正直に言えば、金の斧が手に入りますよ、という話である。これは、エサでつっているともいえる。道徳の本質的には、正直に言うことは大切だ、ということだけなはずである。

なぜこういうことになるのか。

そもそも、童話とは道徳的には出来ていないのである。童話作家に、そんな義務もない。勝手に教材として用いているだけである(国語の文学教材も、授業で登場人物の気持ちを聞きまくるから、道徳の教材になってしまう)。

浦島太郎はそのいい例である(昔話なので、終わり方にも諸説あり)。善行に対し、最終的に仇のような形で返ってくる。それは、物語だから、それでいいのである。

要は、道徳の物語教材でやると、仮言命法に成らざるを得ない。いいことあるから善行せい、ということになる。

道徳とは、より良く生きる道である。その道の未経験者には、考えさせてわかるところと、わからないところがある。


本質的には、未経験者にそこを判断する物差しが与えられればよい。その価値観の物差しを押し付けないでもてるようにせよ、という通達である。

ここが難しいのである。最初の物差しが、各家庭に任されている。本来共通にあるはずの「常識」が、個別化されている。

定言命法が機能しない所以である。「ならぬものはならぬのです」と言い切るのが難しい、多様な価値観の時代。道徳を教える難しさが、この辺りにありそうである。道徳について、もう少し考えていきたい。
--------------------------------

 

 

 

 

匿名希望