志願者アンケートに見る大学の現在

「高校3年生が志願したい大学」を徹底分析 人気の明暗が分かれるワケは?
(リンクより
・住む地域ごとのランキングで、地方都市と大都市圏での傾向が見て取れる
・関東/東海/関西の地域毎と、女子大に注目し、現在の各大学の状況とともに分析

――――――――――
 リクルートマーケティングパートナーズの社内研究機関・リクルート進学総研は7月18日、2019年に大学受験を控えた高校3年生を対象に実施した「大学ブランド力調査2018」の結果を発表した。受験生が「志願したい」と考えている大学を、住む地域ごとにランキング化したもので、関東エリアでは早稲田大学、東海エリアでは名城大学、関西エリアでは関西大学がそれぞれトップだった。

(中略)

■不人気校は改革を恐れるな
 一連の調査結果を踏まえ、小林所長は「ランクインした人気大学では、理念に共感した志願者が集い、質の高い学生が合格し、効率よく教育できるといった好循環が起きている。一方、そうでない大学は“滑り止め”として見られ、入学した学生がモチベーションを保てず早期に退学してしまう悪循環が起きている」と分析。

 受験生の人気獲得に苦戦する大学に対しては、「単にシンボルマークやキャッチフレーズを変えるだけでなく、大学統合、学部学科新設、キャンパス移転などの改革を実践し、中長期的な視点での広報戦略を実施すべきだ。成果が出るまで10年ほどの月日がかかるかもしれないが、怖がらずに改革に取り組んでほしい」と提言している。
――――――――――

ランクインしている大学の中でも、改革が進んでいる大学とそうではない大学がいるだろう。今後生き残るのは、記事の終わりにも書いてある通り、改革を恐れずに“実行”“実現”していく集団である。

 

 

 

takajin