小中のエアコン設置 いまだ半数 暑くても設置率1割未満の自治体も 莫大な予算が課題①

リンク

 猛暑がつづいている。室内にいても、エアコンなしには過ごすことができない。

 ところが、今日もまた全国の約半数の公立小中学校では、エアコンがない教室で、子どもと先生が授業時間をいっしょに過ごしている。しかも、エアコンが完備されている自治体と、ほとんど設置されていない自治体があり、子どもの教育環境に大きな不公平が生じている。

 エアコン(冷房)の設置状況については、文部科学省が公立校を対象に、おおよそ3年に1回ずつ全国調査をおこなっている(文部科学省「公立学校施設の空調(冷房)設備設置状況調査の結果について」)。

 普段子どもが授業を受ける普通教室のエアコン設置率は、公立小中学校の場合、1998年は3.7%にすぎなかったのが、最新の2017年の調査では49.6%にまで上昇している[図1]。温暖化が進むこの20年の間に、普通教室のエアコン設置率は、大幅に高まった。

 ただそれでもまだ設置率は、全国の教室の半数にとどまっている。汗だくの教室が、全国のあちこちにあるということだ。

都道府県の格差

 さらに深刻なのは、設置率の都道府県格差が激しいことである。

 小中学校における普通教室の設置率をグラフに示してみると、都道府県によって設置状況が大きく異なっていることがわかる[図2]。

 設置率がもっとも高いのは東京都で、99.9%(27,118室のうち27,116室)と、ほぼすべての教室にエアコンが備え付けられている。次に高いのが香川県で、97.7%(3,467室のうち3,387室)と、こちらもほぼ完備と言える。他方で、同じ四国でも愛媛県は5.9%(4,745室のうち278室)と、ほとんどの教室がエアコンなしである。

■高校は格差が小さい

 公立小中学校における都道府県格差の大きさは、公立高校の場合と比べると、よりはっきりと見えてくる[図3]。

 公立高校における普通教室のエアコン設置率は、全国で74.1%に達している。東京都や京都府大阪府鳥取県高知県沖縄県は100%である。

 グラフの凸凹に着目すると、小中学校と高校とのちがいは明瞭である。

 小中学校の場合は、都道府県によって棒グラフの高低がばらばらである。だが高校の場合は、一部の地域をのぞけば、全国的に各都道府県の棒グラフの高さがわりと安定している。

 高校の都道府県格差に比べて、義務教育段階の小中学校の都道府県格差は、かなり大きいと言える。

■最高気温が高いにもかかわらず

 さらに小中学校については、暑い地域であってもエアコンの設置率が低いことがある。

 先ほど示した小中学校の都道府県別設置率のグラフを、最高気温[注]の高さ順に並べ直すとその状況がよくわかる[図4]。

 過去5年間の県庁所在地の月間最高気温(平均)がもっとも高いのは京都府で、そのエアコン設置率は84.0%(全国5位)である。最高気温が2番目の大阪府も、エアコン設置率は77.3%と比較的高い(全国9位)。

 だが、最高気温が上から6番目の愛知県は、エアコン設置率は35.7%にとどまっており(全国25位)、つづく7番目に暑い奈良県においては、エアコン設置率はわずか7.4%である(全国40位)。

 そして図1に戻って2014年度から2017年度への増加分に着目してみると、奈良県愛媛県などは、エアコン設置率がかなり低くかつ最高気温が上位にありながらも、2014年度から2017年度にかけて設置率がほとんど増加していない。過酷な状況がつづいている。

 なお、小中学校のエアコン設置率ならびに最高気温の数値と順位の詳細は、本記事下部にまとめて掲載したので、適宜参照してほしい。

 

 

 

 

やおよろず