「このことはご家庭で指導してください。」その指導は必要なのか。

「このことはご家庭で指導してください。」
学校側から言い渡されることは往々にしてある。
多くは性格・行動面で周囲から外れた行動をする生徒を持て余しての発言である場合だが、
そもそもそういった言動や行動を矯正する必要があるのだろうか。
今回の参考文献では学校からそのように言い渡された場合に親は子供にどう指導するべきか?に焦点が当たっているが、学校での平準化された指導のなかで扱いにくいといったものさしのみで問題児扱いをして家庭側に「お子さんには問題があります。ご家庭の指導法を改善してください。」といわんばかりに丸投げするのは学校側の身勝手に思う。
学校側は個人の特性をとらえ、必要な部分を延ばしていくことが求められる。


参考:リンク

 

 

 

ABC豆