社会に出たら、何もかも指示されるなんてことはない(1/2)

yahooニュース リンク より、以下転載
---------------------------------
社会に出たら、何もかも指示されるなんてことはない

麹町中学校の行事には、生徒たちだけで企画・運営されているものが多い。今年度実施された「体育祭」もその一つだ。「社会に出たら、何もかも指示されるなんてことはない。だから自分たちで考え、実行する力を身につけてほしい」。生徒たちにそう語った校長・工藤勇一氏は、体育祭に向けて一つの大きな目的だけを共有し、あとはすべてを委ねたという。そのメッセージを生徒たちはどのように受け止め、行動したのか。率直な気持ちを聞かせてもらった。

■先生や親への忖度は一切なし
 薄曇りに日が差し込み、絶好の運動日和となった5月下旬の土曜日。麹町中学校のグラウンドで開催された体育祭には多くの保護者が観覧に訪れていた。

 開会式では校長の工藤氏が立ち会い、選手宣誓が行われる。生徒会長のあいさつに続いて、全校生徒を二分する東軍・西軍それぞれの応援団がエール交換を実施。いずれも学ランを身にまとい、エールや振り付けは「いかにも応援団」といった風情の昔ながらのスタイルだ。

 生徒たちが自ら考えたという種目には物珍しいものが多い。特に異色だと感じられたのが「ピコピコハンマー騎馬戦」。1試合ごとに東軍・西軍の大将を取り巻く形でたくさんの「騎馬」が出陣し、大将が身につけるヘルメットの上に付けられた風船を先に割ったほうが勝ちというルールだ。一直線に相手方の大将を目指して突進したり、他の騎馬が大将を取り囲んで超守備的な布陣を敷いたり……。それぞれの戦略も楽しめる、見応えのある種目だった。

 時間の経過とともに観覧する保護者の数が増えていく。限られた観覧エリアはやがて大混雑となり、レジャーシートを敷く場所が見つからず立ち見を続ける人もちらほら。グラウンドの両脇には過去にPTAが寄贈した大型テントが設けられているのだが、保護者は使用できない。「生徒以外立ち入り禁止」と大きく標示され、あくまでも生徒のための場所として使われていた。部外者としては、ちょっと保護者をぞんざいに扱い過ぎではないだろうか……と心配になってしまうくらい、「生徒ファースト」が貫かれていると感じたのだった。

 記憶の片隅から、自身が体験した中学校の運動会の風景を思い出してみる。目の前で行われているイベントは明らかにそれとは違う。多くの生徒が全力でこの祭を楽しんでいる。やらされ感は見えないし、先生や親への忖度めいた演出も一切ない。

 生徒たちは、どのようにしてこの日に向けた準備を進めていったのか。

■運動が得意な人が輝き、そうでない人も笑顔で参加できる「祭」
「中学校の体育祭といえば、普通は教員が主導して準備を進めるものだと思います。でも麹町中は完全に生徒主導。私たちはほとんど口出ししていません」

 教員はそう説明しながら、体育祭の企画・運営に携わった主要メンバーを紹介してくれた。大きな役割を果たした「企画委員会」と「実行委員会」の中心的生徒たち、そして東軍・西軍の各応援団長だ。

 生徒会長であり、企画委員長も務めたAさん(3年生男子)は、この大役を務めるにあたって校長から「観客のことは考えなくていいから、自分たちが楽しめるように企画してほしい」とオーダーされた。

「昨年の体育祭には徒競走などの個人競技やクラス対抗競技があり、みんなが勝ち負けにこだわり過ぎてゴタゴタしてしまった印象がありました。審判役の先生に『今のはミスジャッジだ!』と抗議する生徒も。運動が得意な人は楽しめるけど、そうじゃない人は脇役になってしまうという感じも嫌だな、と思っていました」

 だから、「自分たちが楽しめるように」という校長のメッセージはすっと腹落ちしたのだという。チーム分けを一から見直し、全校を二分する「東軍・西軍」へ。くじ引きで所属を決める一方、運動を得意とする生徒がどちらかに固まりすぎないようにするという調整も入れた。

 誰もが楽しめるように種目も一から考えた。ルールはすべてオリジナル。前述の「ピコピコハンマー騎馬戦」は、安全面を考慮しつつ、運動が苦手な生徒も戦略を考えることで一緒に楽しめるようにと生み出されたものだった。「昨年と同じことはほとんどやっていません」とAさんは話す。

 こうした企画プロセスの根底には、同じく自分たちで考えた一つのコンセプトがあった。

 “With Smile ~楽しいが聞こえる体育祭”

「祭」はみんなが楽しめなければ成り立たない。運動が得意な人が輝き、そうでない人も笑顔で参加できる体育祭にしたい。

 実行委員長を務めたMさん(3年生女子)は、このコンセプトを大きな目的と置いて準備したプロセスを振り返る。悩みどころだったのは、昨年まで目玉種目の一つとして存在していた「3年全員リレー」だった。その名の通り、学年全員参加で勝敗を決める種目だ。これを残すべきなのか、廃止すべきなのか。「With Smileでみんなが楽しめるようにする」という大きな目的にはそぐわないように思えた。

「生徒全員を対象にアンケートを取ったら、『全員リレーをやりたくない』という声が意外と多かったんです。でも『やりたい』という人も、もちろんたくさんいました。続けても、なくしても、みんなが楽しめるようにはならない。そんな議論をした結果、今年は有志リレーという形にしました」

 単純に多数決で物事を決めるのは簡単だ。しかしそうはしなかった。少数意見も取り入れなければ、「みんなが楽しめるように」という目的から外れてしまう。「目的から逆算して手段を決める」というのは、常日頃から工藤氏が伝え続けていること。生徒たちは悩みながらも、この大原則に沿って答えを出していったのだった。

つづく

 

 

 

山上勝義